顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【おかげさまで緑茶飲料発明30年 お~いお茶、緑茶 さらに磨きをかけてパッケージマーケティング】
2014年06月30日

【おかげさまで緑茶飲料発明30年 お~いお茶、緑茶 さらに磨きをかけてパッケージマーケティング】

【おかげさまで緑茶飲料発明30年 お~いお茶、緑茶 さらに磨きをかけてパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「お~いお茶 緑茶」
2014年にパッケージも味もリニューアルされました!

このパッケージマーケティングに学ぶことが2つあります。
①歴史を伝える。
②増税対応

①歴史を伝える
「おかげさまで緑茶飲料発明30年」
お礼の言葉がパッケージの左上の方にPOP的に描かれています。

こうやって歴史を伝えること、よくありますよね。
「創業100周年」とか、
「発売20周年」とか。

商品の歴史がお客様にとっての魅力となり、
ストーリーとなり、
ブランドとなり、伝わることがありますね

②増税対応
そして、上部には「増量525ml」とも書かれていますね!
実はこれ、増税対応といわれています。

価格転嫁がしにくい商品については、
増量をしたりすることで、差別化をしようとしているんですね。

※詳しくはコカコーラの増税に対する4つの手法の記事
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11786451643.html

①歴史を伝える
②増税対応
この2つを学べる「おーいお茶」のパッケージマーケティングでした。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =

ページの上部へ