顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【マルメンの徳島ラーメンはなぜ3倍売れたのか!(パッケージマーケティング番外編)】
2015年01月12日

【マルメンの徳島ラーメンはなぜ3倍売れたのか!(パッケージマーケティング番外編)】

【マルメンの徳島ラーメンはなぜ3倍売れたのか!(パッケージマーケティング番外編)】


おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。
パッケージ松浦の2014年のお仕事紹介 第12弾です!


2014年夏に3倍売れたラーメンがあります。
それが、これ!
マルメン 徳島ラーメン!

商品が変わったんですか?
・・・いえいえ、変わってません。

パッケージが変わったんですか?
・・・細部は変わったのですが、
実は今回は、あんまり関係がないのです。


実は「POP」だったんです!

この商品がヒルナンデスにTVに出演することが分かっていました。
近藤社長はとっても楽しみにみていたそうです。

もし、1位になったら、
「ヒルナンデスで1位獲得!すごい徳島ラーメン」

こんな風にPOPを作りたかったそうです!


そして放送当日!
全国47都道府県のランキング形式の発表だったのですが、
・・・なんと、たった1~2秒流れただけ(泣)
・・・しかも、散々たる結果の35位(泣)(泣)


せめて「全国1位」とは言わなくても、
「全国7位」とかなら格好がつくのですが、
・・・35位では。。。。

「なぜ、35位?」
「とっても美味しいのに」
もう、この数字をプラスに捉えるしかない!( 笑 )
そんな思いの丈をこのPOPに託しました(笑)


近藤社長自ら「もう!とっても悔しい」と伝えるPOPです!
「こんなに旨いのに?なぜ?」ともつぶやいています。

この悔しがっているPOPの効果で、2014年に3倍売れました!

さらに、東京のアンテナショップからも
「このPOPと一緒に、この商品を扱いたい」と連絡が入りました!


こうやって、近藤社長の悔しい思いが、
お客さんとの共感を生んでいるのですね。
「35位」という結果を、うまく感情表現に生かしました。

まさに、商品を売っているのではなく、体験・価値を売っている。
今回の場合は「悔しさの共感」を生んでいたのです。


それにしても、勇気を出して顔出し登場していただいた近藤社長!
ありがとうございます。


POPデザイン担当はパッケージ松浦の桑原基輔さんでした!
ありがとうございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + thirteen =

ページの上部へ