顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「モノ」を売るな!「体験」を売れ!バレンタインにお米を売る方法を考えてみよう。】
2015年02月6日

【「モノ」を売るな!「体験」を売れ!バレンタインにお米を売る方法を考えてみよう。】

【「モノ」を売るな!「体験」を売れ!バレンタインにお米を売る方法を考えてみよう。】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

例えば、バレンタインにお米を売る方法を考えてみましょう。
お米の品種は「ヒトメボレ」です。
アナタならどうします?

「えぇ~、お米をバレンタインに売るなんて無理でしょう!」
「何言ってんの?バレンタインはチョコでしょ?」
そんな悲鳴が聞こえてきそうですね。

そうですね、普通じゃ無理ですよね。
「モノ売り」の観点ではありえません。
でも、企画を考え、パッケージを変えると可能になります!

例えば、こんなのはいかがでしょう?

ワタシハアナタニヒトメボレ St.Valentine'sDay
(菊田屋米穀店)

・・・ね?
これなら思わず買ってしまいません?

お客さんの気持ちになって考えてみるとわかります。
お客さんは誰ひとりとして、チョコが欲しいわけではないのですよね?

じゃあ、何が欲しいんでしょう?
バレンタインにチョコを男性に渡して、
「ありがとう」と感謝されたり、
普段の気持ちを伝えたり、
男性に喜んでもらったり、
そんな「体験」が欲しいわけです。

手段として、チョコがあるだけですね。
お客さんはチョコは欲しくないのです。

だから、「体験」を伝えるようにしていきます。

でも、こんなパッケージのお米だと、
「そういえば私の彼氏は甘いの嫌いだし、一人暮らしだし、チョコよりお米の方が喜ばれるかな?」

こう思ってもらったら、買ってもらえるワケです。
売れるはずのないお米が、
バレンタインに選ばれることができるのですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 18 =

ページの上部へ