顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【Q:質問 パッケージにかける費用は、売上や商品単価に対して、何%に設定するのでしょうか?】
2015年03月1日

【Q:質問 パッケージにかける費用は、売上や商品単価に対して、何%に設定するのでしょうか?】

【Q:質問 パッケージにかける費用は、売上や商品単価に対して、何%に設定するのでしょうか?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

このような質問を受けました。
Q:質問 
パッケージにかける費用は、売上や商品単価に対して、
何%に設定するのでしょうか?

私はパッケージマーケッターですから!
このような質問が来たのでしょう!
もちろん、知ってますよ!

・・・・すみません。
嘘をついておした。
知りません(泣)

急いでネット検索!
パチパチしてみましたが、見つからず、申し訳ありません。

ただ、私の今までの経験からいくと、

●付加価値の低い業務用の商品など
パッケージも無地で、極力薄く、できるだけ小さく、
とにかく、費用を抑えます。
単価に対する包材比率が1%以下の場合もあります。

●付加価値の高いギフト用商品など
パッケージにも夢を持ってもらうように、
箱を綺麗なものに、タグもつけて、しおりもつけて、
そうそう、裏面にも印刷しましょう!
そうなると、高いものになってますね。
25%を超えるものを手配したこともあります。

業種業態、あるいは商品の性質などによって、
包材比率は変わってきます。

一般的に、「何%です」といえないので、お許しください。

あ、もし、知っている方がいらっしゃったら、教えてください!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =

ページの上部へ