顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【16年連続増益達成の小林製薬!新市場創造型の分かりやすいネーミングとパッケージマーケティング】
2015年04月26日

【16年連続増益達成の小林製薬!新市場創造型の分かりやすいネーミングとパッケージマーケティング】

【16年連続増益達成の小林製薬!新市場創造型の分かりやすいネーミングとパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「あっ!小林製薬」で有名な小林製薬!
なんと、16年連続増益達成をしているそうです。
すごいですね!

その秘密は
新市場創造型の分かりやすいネーミングとパッケージマーケティングです。

小林製薬の社是は
「消費者の潜在的なニーズを発見し、世の中にない新商品を開発する」だそうです。

そう言われてみれば、

「熱さまシート」が生まれる前は
氷枕や氷嚢しかなかった訳です。

「トイレその後に」が出る前は、
トイレの後は臭かったんです(笑)

まさしく、新市場創造型と言えます。

そして、新しい市場を切り開くときに大切なのは「分かりやすい」ということ
ぱっと見て、何に使うか分からなければ、
消費者は知りもしない市場の商品を選ぶことはできません。

「メガネクリーナーふきふき」

「チン!してふくだけ」

「のどぬ~るスプレー」

どれもこれもネーミングが分かりやすいですね!
しかも、パッケージに書かれた品名が大きいことにも注目!
目立つようにして、お客様に伝えているわけです!

新市場を想像するときのネーミングはわかりやすく!
そして、パッケージに目立つように記入!
16年連続増益の小林製薬のパッケージマーケティング戦略でした!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 15 =

ページの上部へ