顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【出版記念 リライト記事⑤ 「村のおっさん こいまろ」四代目桑原豆腐店社長が放つパッケージ】
2013年07月18日

【出版記念 リライト記事⑤ 「村のおっさん こいまろ」四代目桑原豆腐店社長が放つパッケージ】

【出版記念 リライト記事⑤ 「村のおっさん こいまろ」四代目桑原豆腐店社長が放つパッケージ】

こんにちは。本日2つ目のパッケージマーケティングネタです。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「村のおっさん こいまろ」
インパクトありますね~!

私もこのパッケージ、すごいなと思いました。
3点ほど特筆して解説させて頂きます。
①色
②キャラクター
③ネーミング

①色

豆腐といえば、青、白などのパッケージが多いですね。
その中で「黒」のパッケージ!
とっても目立ちますよね。

実は「色」というのはすごいブランド要素!
商品名よりも先に覚えられます。
「なんか、黒い豆腐、美味かったな。また買ってきて」と覚えられます。

②キャラクター

これがとっても異質ですよね(笑)
ブランド講師の佐治邦彦さんも言われておりました。
「子供って、キャラクターにすごく敏感に反応します。
あの“村のおっさん”の豆腐買ってきて~」となりますよね!

③ネーミング

「村のおっさん こいまろ」というネーミング。
特徴は「特別に濃くてまろやか」です。
「こいまろ」で一発に特徴が伝わりますね!

こちらの商品、爆発しそうな予感です。
桑原年朗社長が考えに考えて造った商品でありパッケージです。
興味のある方はこちらのHPを見てください!

桑原豆腐店 メニューページ
http://muranoossan.com/menu

実は①色②キャラクター③ネーミング!
そしてその3つを校正する④パッケージって、とっても偉大なブランド要素なんです。

☆☆☆

実際の本には「パッケージ×キャラクター解説」のところで、
重要なポジションで、違う文章で登場します!
ぜひぜひ、お楽しみに♪

こんな楽しいパッケージ事例が満載!
販促事例が70個掲載されている
「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」に興味がでたあなた!


amazonでの予約はこちら!
http://p.tl/8NCy

ご予約頂けると嬉しいです!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =

ページの上部へ