顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【言われた通りにやらないパッケージ屋(笑)どこで売るのか、誰に売るのか、何円で売るのかでパッケージって変わりますよね】
2015年08月25日

【言われた通りにやらないパッケージ屋(笑)どこで売るのか、誰に売るのか、何円で売るのかでパッケージって変わりますよね】

【言われた通りにやらないパッケージ屋(笑)どこで売るのか、誰に売るのか、何円で売るのかでパッケージって変わりますよね】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

よくお客さんから言われることがあります。
「柚子の袋、なんかええデザインして」

正直に言うと、昔のパッケージ松浦はそのまま手配してました。
デザイナーに「なんかええデザインして」

結果、・・・そりゃいいデザインなんてほとんどできないですよ!
そんなことに気づきました。

2011年頃からパッケージマーケティングを立ち上げ、
お客さんの言ったようにやらなくなりました(笑)

だって、お客さんが欲しがっているのは「売れる商品」であって、「柚の袋」じゃないわけです。

だから「柚子の袋、なんかええデザインして」と言われてから、デザインする前にたくさんのヒアリングをします。
●どこで売るのか?
●誰に売るのか?
●何円で売るのか?
●どのように売るのか?
●競合商品はなんでしょうか?
●商品の独特の強みは?
・・・・・もっともっと聞きます。

阿南農業支援センター(JAアグリあなん)さんの場合はこんな感じでした。
●どこで・・・EUの百貨店
●誰に・・・裕福層に
●何円で・・・1個800円くらい
●強み・・・宝石のような綺麗な柚子

これを聞いたときに
「これは袋じゃダメだな。もっと宝石のように見えるパッケージじゃないと!」

そう思って提案させていただいたのがこちら!

2015-03-16 15.02

どうです?
宝石っぽく見えるパッケージでしょう!

先方は「袋」って言ってるのに、
提案したのが「台紙とクリアケースの組み合わせ」ですから、本当に言ったようにやらないですね(笑)

でも、これで先方も大喜び!
当初のパッケージ予算と比べたらかけ離れてたと思うのですが、・・・採用してくれました!

[caption id="attachment_9609" align="alignnone" width="640"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

まだEU販売はしてないのですが、
2015年3月開催されたFOODEXで話題殺到!

宝石のような「木頭ゆず」の青果物では有り得ないパッケージで評判を得ました。

来シーズン、本格的にEUに飛び出すのが楽しみです!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + four =

ページの上部へ