顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ブレンドにしちゃわない米。八代目義兵衛の「良縁米」はわざわざパッケージを分けて、お客様に手間をかけさせる】
2015年09月13日

【ブレンドにしちゃわない米。八代目義兵衛の「良縁米」はわざわざパッケージを分けて、お客様に手間をかけさせる】

【ブレンドにしちゃわない米。八代目義兵衛の「良縁米」はわざわざパッケージを分けて、お客様に手間をかけさせる】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

お米って言えば、たいていはブレンド米ですね。
甘いお米としっかりしたお米をブレンドして、より美味しくしています。

ところが、あえて「ブレンドをしない米」があります。

kb30_main

それが八代目義兵衛の「良縁米」です。
内祝いのお米のギフトです!

わざと、
黒巾着のパッケージには「殿米」という名前をつけて「しっかり」食感の米を。

ryoen_rice01_img01

赤巾着のパッケージには「姫米」という名前をつけて「ふんわり」食感の米を入れてます。

ryoen_rice01_img02

そうです!
この2つを敢えてブレンドして食べるのが作法!
殿米と姫米を結婚させるのです。

まさにご縁を深める「し合わせ」米なのです。

ryoen_what_img01_1

このように便利なはずのブレンド米のパッケージを、
敢えて分けることで新しい「内祝い」「し合わせ」な意味を作りました。

カルピスウォーターをわざとカルピスとウォーターに分けて販売するのと同じではありません。
新しい意味を作ってますね~。

こちらの商品をプロデュースしたのは、
徳島出身のマーケッターであるオキタリュウイチさんです。

先日のセミナーで教えていただきました。
ありがとうございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 11 =

ページの上部へ