顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【流行りに流されるのはいけませんが、流行りに乗らない手もないのです】
2015年09月21日

【流行りに流されるのはいけませんが、流行りに乗らない手もないのです】

【流行りに流されるのはいけませんが、流行りに乗らない手もないのです】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日の質問はペンネーム「最先端少年」からの質問です
「流行りのネーミングなんてあるんですか?」

はい、ありますね。

P1500216

例えば、「もちっち生パスタ」(日清食品)
2011年段階では、同社冷凍パスタ売上の15%を占めていたそうです。
まさに化物ヒット商品です!

P1500216

それと、ちょっと前に流行った「大人の」シリーズがありますね。
まだまだ健在の流れです。

ちょっと、「俺は」のシリーズは下火になっているかも知れません。
(パッケージとしてはです。店舗はそうでないみたいです)

実はこんな調査をしている会社があります。
最新版として2013年のものではあるのですが、
ビー・エム・エフティーがこんな調査をしてます。

「おいしいと感じる言葉」
http://www.bmft.jp/pdf/services/kotoba13ranking.pdf

2013年
1位 ジューシー
2位 もちもち
3位 もっちり

「もっちり」「もちもち」が上位を占めています。

2012年
1位 もちもち
2位 ジューシー
3位 うまみのある

2011年
1位 もちもち
2位 ジューシー
3位 コクがある

もちもち系がここ数年、全盛なのがよく分かります。

ファミリーマートなどでは2013年の発表ですが、
関東で展開する70アイテム弱のうち“もちもと”系の言葉を冠した商品が7つあるそうです。

パッケージに、ネーミングに、「もちもち」や「もちっと」!
流行りの言葉をうまくパッケージマーケティングに活かしましょう!

※あくまで流行りの言葉ということです。
時代は移り変わりますので、ご参考までにということで。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 4 =

ページの上部へ