顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > <その男、危険っ!桑原基輔氏がパッケージ松浦に入社を決定した恐るべきドラマとはっ?!>
2016年01月21日

<その男、危険っ!桑原基輔氏がパッケージ松浦に入社を決定した恐るべきドラマとはっ?!>

<その男、危険っ!桑原基輔氏がパッケージ松浦に入社を決定した恐るべきドラマとはっ?!>

パッケージ松浦で現在、活躍中の桑原基輔氏。
本日はその彼の冗談のような本気の話を紹介します(笑)

私がエクスマに出会って、パッケージマーケッターとしての情報を発信し続けています。
その私のブログを見たのが、入社のきっかけになったことは昨日のブログでもちょっとお話しました。

実は全然、説明できていないドラマがあるので、改めて書いてみました。

12278914_1737653919788824_2684103900629646904_n

2013年2月くらいから、
パッケージ松浦からまだ別の会社に努めていた桑原さんに
パッケージデザインをしてもらったり、
社外デザイナーとしての付き合いでした。

桑原は昔からエクスマの勉強を本でしていて、
とっても実践したかったのですが、
「言われた通りにデザインする」というのが前の会社の方針だったので、辛かったようです。

ところが私からの依頼がめちゃめちゃエクスマ的で
「言われた通りにやってないけど、これめっちゃええやん」
というようなやりとりでした。
桑原は私と仕事をするのが楽しかったようです。
もちろん、私も楽しかったですしねー!

12187710_1731701870384029_4219783965327270762_n

運命の日!
2013年12月に桑原さんが突然、電話をかけて来たんです。
「パッケージ松浦で入りたいんです。
電話ですみません!
引き抜かれる先の会社から今すぐ返事しろって言われて、
松浦社長のことを思ったら、居てもたっても居られなくなって電話しました。
松浦社長と仕事していたら楽しいんです。
エクスマやりたいんです!」

嬉しかったですね。
こんな電話をくれて。

でも、私も余りにいきなり過ぎる電話でしたので、
ちょっと戸惑いました。
そこでこんな返事をしました。

「そうか、そんなに思ってくれて嬉しいよ。
私も、桑原さんと一緒に仕事をしてて楽しいんよ。
一緒に働きたいって考えたことはあるんよ」

私がここまで話すと、桑原は
「ありがとうございます!
では、違う会社は断っておきます!」

これだけ言って、電話を「チン」と切られました!

な、な、内定だなんて一言も言ってないのに、
もう雇わざるを得ません(笑)

IMG_6763

そんなこんなで、一度、一緒に食事をすることになりました。
お互いに夢やビジョン、やりたいことについて話し合います。
「パッケージを変え、世界を変えるぞ!」
「エクスマなデザインがしたいんだ!」

そして、翌日、桑原は両親にパッケージ松浦への入社を告白。
こんな会話があったそうです。

桑原「引き抜かれるのを止めて、パッケージ松浦に入ることになった」
父母「そうか、ところでその会社の給与はナンボなん?」
桑原「・・・知らん」
父母「はぁっ?!知らんってどういうことや??ちなみに休みは何日あるんや?」
桑原「・・・知らん」
父母「お前は一体何を聞いてきたんやー!!!」

このあと、延々と説教をくらったそうです(笑)

ちなみに、パッケージ松浦では私も会長専務(父と母)に報告です。

松浦「桑原を入社させることにした」
父母「そうか、お前が決めたんだったらええけど。ところで桑原さんは何歳や?」
松浦「・・・知らん」
父母「はあー?どういうことや?結婚してるのか?」
松浦「・・・知らん」
父母「うぅーん、ところで給料はなんぼなんや?」
松浦「・・・知らん」
父母「お前は一体、何を聞いてきたんやー!!!」

私も相当、呆れられました(笑)

12400846_1750938621793687_8196318388684232146_n

こんな、給与や休暇の条件ではなく、
「エクスマ魂」を胸に入社してきてくれた桑原基輔さん!
私は本当に助けてもらってます。
ありがとうございます。

print_125_ZN3O0108

そして、このきっかけを作ってくれた
エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)創始者
藤村正宏さんにもとっても感謝してます!
ありがとうございます。
(藤村正宏先生のブログはこちら http://www.ex-ma.com/blog/ )

★★★★★★★★

ちなみに、その藤村正宏さんが徳島にやってきます!
よかったらお越しください!

2016年2月26日(金)13:00~18:30
「モノ」を売るな!「体験」を売れ!
~徳島上陸!エクスペリエンス・マーケティングセミナー!~
詳しくはこちら!
http://ur0.xyz/q9Fr

エクスマチラシ
企業の採用活動にも活かせるかも(笑)?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 2 =

ページの上部へ