顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > 日本一 床が光る工場
2010年09月10日

日本一 床が光る工場

とある会社のお話です。

この会社は掃除、カイゼンなどを徹底することで、経常利益を20%以上もあげられている会社です。


こちらの会長は「掃除するだけで会社が儲かるから不思議な話です」と言います。


「日本一、床がピカピカな会社を目指す」

というスローガンのもと、1日に4回床磨きをするそうです。


お陰で床は日本一ピカピカ!

経常利益も20%以上だといいます。


そちらの会長が言われていた、社風改善の話がこちら。

ご参考までに。




社風改善3カ条(校風改善、家風改善)

「時を守り、場を清め、礼を正す」ことです。

時を守り…時間は皆さんに共通の財産です。遅刻などで時間を奪うことは許されません。約束をしっかりと守りましょう。約束を1つ守ると、薄紙が1枚積み重なります。その積み重ねです。30枚も積み重ねれば、かなりの信用になります。ただし31回目で約束を破ると、あっという間に0に戻ります。


場を清め…掃除をする、整理整頓するということです。我が社では「床が日本一光る工場」を目指し、1日に4回、床を磨きます。床が光っていると、社員さんが光ります。床で工場、会社、店舗のレベルが分かります。みなさんも日本一になるのは簡単です。1日に5回、床磨きをしたらなれます(笑)


礼を正す…挨拶が飛び交う社風をつくることです。挨拶は上に立つ者から取り組みましょう。

カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − fourteen =

ページの上部へ