顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <「松浦さんて人前で喋る時に緊張しないんですか?」>
2016年07月14日

<「松浦さんて人前で喋る時に緊張しないんですか?」>

昨日、ある方から質問を受けました。
「松浦さんて人前で喋る時に緊張しないんですか?」

はい。
確かに今はそれほど緊張しません。
(たまにはしますけど)

でも、昔。私は人前で喋るのめっちゃ苦手でした。
「人前で2分だけ喋ってください」
こんな依頼に対して胸はドキドキ。
魂の底から逃げたい。
そんな私でした。

でも今は120分でも、180分でも、ほとんど緊張しないですね。
というか人が多ければ多いほど、重要な場であればあるほど、自分自身が高まってます。

こんな風になったのも、根本的な価値観転換があったからだと思います。
ある時からそんなに人目を気にしたくなりました。
それは「いくら人前で格好つけてたってしょうがない」と言うことです。

大人が緊張する時って、「人前でかっこよくありたい」とか「惨めになりたくない」とかそんな時ですよね。
要は「人目が気になってる」時です。

でももともと私ってかっこよくもないし、そんな立派じゃないんです。
だからそんなことは気にしなくていいんだと思います。

むしろ素直に自分をさらけ出す。
素直に表現することで、自分が楽になる。
味方が増える。
そんなことに気付けたんです。

機会があれば人前で講演もするし、ミスもします。
そんな自分が好きだし、人から愛されているとも思います。
「あるがまま」でいいと自覚できるようになったんですね。

IMG_8020
下駄で講演に行っちゃったりします(笑)

私の周りにいる辛そうな人を見たら、やっぱり過去の私に似ている人が多いです。
「失敗してはならない」
「恥をかいてはいけない」

これって思い込みですよね。
「失敗してもいい」
「恥はかいてはなんぼのもん」
そう思うと楽になります。

私のこの考え方が万人受けするとは思いませんが、
一人の心を楽にすることができたら嬉しいです(^^)

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =

ページの上部へ