顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島盛和塾 > 城東紙器さんの徹底された3S活動!
2010年03月22日

城東紙器さんの徹底された3S活動!

先日公開した城東紙器さんの記事の続編です。

岩崎隆社長は気さくな方です!


パッケージ松浦 のブログ

ずうずうしくも、私は事務所や、なんと机の中まで見せて頂きました(笑)


城東紙器さんの素晴らしい3Sぶりにびっくりしました。

パッケージ松浦 のブログ


これ、机の横のスペースなんですが、仕事に必要な道具が、くり抜かれた発泡ボードにすっぽりはまっているんです!

これでいちいち探したり、または余分な買い物をしたりする必要が全くなくなりますね!

盛和塾の教えである「経費最小」を実践されています。


パッケージ松浦 のブログ


こちらは岩崎社長の机の中。

こちらも「黒ペン1本」とかまできっちりと納まっております。

すごい!

人は1日に20~25分は探し物をしていると言われております。

1年では、121~152時間を無駄に!

つまり、まるまる5~6日は無駄に使っているのです!

城東紙器さんではこういったことがないのです!

探し物の時間が「0分」なのです。

これで生産性を高めているのですね!!

パッケージ松浦 のブログ

これは社員さんが必ず通る階段。

パッケージ松浦 のブログ

なんと!

必ず目に入る位置に標語が書いてあります。

パッケージ松浦 のブログ


こうやって、意識付けもされていくのですね。

すばらしい。


パッケージ松浦 のブログ

岩崎社長様、有り難うございます。

あと1回、続きます。お楽しみに♪

カテゴリー | 徳島盛和塾

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

4 件のコメント

  • 松江隆明 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    続編めちゃくちゃ楽しみですよ。また必ずブログを拝読させていただきますね
    松浦さん、ありがとうございます。
    ちなみに、5Sの徹底で本も出版されている「古芝保之」さんをご存知ですか?(よかったら検索してください)
    岩崎社長と私をつなげて下さった方ですが、めちゃくちゃすごい方ですよ。
    よかったら、時間あればアプローチしてくださいませ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >松江隆明さん
    コメント有り難うございます。
    当社でも真似しないといけません。
    続編は28日予定です。
    お楽しみください。
    古芝さん情報を有り難うございます。
    アマゾンで検索しても出てこなかったのですが…?
    もし、よかったら直接、著書名を教えてください。
    どうぞ、宜しくお願いします。

  • さくらふぶき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    整理された備品や机の上を拝見し、頭の中が混乱しました。
    さて自分の机の中は、どうやって整理すればよいのだろうか?
    ピカピカの階段をみてどれだけの時間をかければきれいになるのだろうか?
    大きな課題として今後少しづつの改善をしていこうと思います。

  • 明石一輝 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    人の意識、気持ちではカバーしきれない所をしっかりと仕組みにされ実践されてて素晴らしいです。良いと思ったことをまず行動に移す実行力は真似して行きたいですm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =

ページの上部へ