顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島県中小企業家同友会 > 情熱の雑誌会社 メディコム!
2009年02月10日

情熱の雑誌会社 メディコム!

2月2日に中小企業家同友会が開催されました!

私、この日を本当に楽しみにしていたのです。

なんせ、発表者が亀代さん!

私の同級生で、友人なんです!

それは、亀代さんの紹介と、セミナーの内容です。

パッケージ松浦 のブログ-亀ちゃん熱演!

報告者

株式会社 メディコム
取締役 亀代尚史氏

※徳島ではお馴染み!

「タウトク」「Cu」「サララ」などを発行している会社です。

●初めてのお客様

メディコムに入社して、飛び込み営業を繰り返す。

しかし、なかなか注文が貰えない。

無意味と思える飛び込み訪問を繰り返す中で、現場から学んでいく。

そして数ヶ月。

遂に初めての注文を頂ける。

そして、初めての集金。

この時に「お金を頂けることの大切さ」を学ぶ。
●会議は全員発言!

会議に参加しているのであれば、「自分が思っていることを発言する」は当たり前!

大人の常識。

だから、全員が参加し、発言します。

パッケージ松浦 のブログ-亀代セミナー風景

●広告業界のタブーを破れ①

メディコムでは、「発行部数」ではなく、「実売部数」を発表します。

これは業界タブーとされていることなんです。

なぜなら、発行部数を表示した方が、数が大きく、お客さんにエエ格好ができる。

実売部数なら、数が小さくなる。

しかし、本当にお客様に、そして社員さんに真実を伝えるべく、実売部数を発表している。

●広告業界のタブーを破れ②

広告効果を必ず聞き取るようにしています。

きちんと効果を聞き取るのはマナー!

アフターフォローをきっちりします。

●愛があるから叱ることができる。

入社当時、多くのお叱りを受けた。

しかし、これは「亀代君に成長して欲しい」という愛の表現と気づく。

亀代氏は「愛があり、叱れる上司」になることを心に決める。

●目的を深掘りせよ

部下が企画書を持ってきた時に、亀代氏が必ず聞く言葉があります。

「それは誰が喜ぶの?」

「それは何の為に?」

必ず、しっかりと目的を聞くようにしています。

そうすると、本質を見抜く部下が育ちます。

●松浦感想

亀代君は本当に燃える経営社員です。

特に「愛があるから叱れる」のところには感銘しました。

それとお客さんに対するアフターフォローですね。

この点、学ばせていただきました!実践していきます。

亀代君、有り難うございました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 3 =

ページの上部へ