顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <日創研徳島経営研究会 2016年3月例会 「地域と共創するコミュニケーション戦略」が開催されました>
2016年03月26日

<日創研徳島経営研究会 2016年3月例会 「地域と共創するコミュニケーション戦略」が開催されました>

2016年3月25日(金)
日創研徳島経営研究会 3月例会 
「地域と共創するコミュニケーション戦略」が開催されました!

IMG_1392
講師は株式会社ファーストデコの扇野睦巳さん!
http://firstdeco.co.jp/
素敵で温かくって、凛としたお姉さま!
ブランド・マーケティングの話を中心にお話くださいました。

「扇野さんが例会をする!」ということで、
遠くは和歌山県から、愛媛県からも参加者があるくらいの大人気!
そして今回は徳島大学、四国大学の学生さんの参加もあり、
「ブランド」に対する興味の深さが伺えます。

IMG_1436

IMG_1618

IMG_1892

本当に笑顔溢れる温かい例会になりました!

扇野さんの仕事は「経営理念のビジュアル化業」!
冒頭に理念の同質化の危険性を訴えます。

IMG_1701
例えば理念の中に
やたら「創造、価値、挑戦、貢献」
あるいは「私たち、社会、発展、お客様、満足、追求」
などという言葉が使われているなら、ひょっとしたら同質化の第一歩かもしれないと。

例えばこんな理念があったとします。
「私たしの会社は社会に貢献し、お客様の満足を追求し、価値を高めることに挑戦し続けます」
一見、理念っぽく見えますが、何の会社か分かりません(笑)

でも、なんとなく耳障りがいいので、こんな理念が多いんです。
理念が一緒ということは、戦略や商品の同質化を招き、選ばえれない会社になります。

IMG_1691
だから、オリジナリティのある理念をつくる必要がある!
そして、オリジナリティの源泉になるもの、
それは「創業者の生き様」であり、「創業の精神」の中にあると語ります。

IMG_1846

IMG_1830
この話が深く会場中の胸を打ちました。

そして質疑応答。

<いすい 阿部吏佳さんの質問>
http://www.isui1959.com/
Q:チームメンバーへの関わり方はどうしたらいいですか?

A:トップがブレないことです。
トップがブレると、幹部はもっとぶれる、社員はもっともっとぶれる。
会社なら社長、部門なら部門長がブレずに理念、信念を伝えていくことが大切です。

IMG_1679

IMG_1688

<小林ゴールドエッグ 小林美佳さんの質問>
http://www.cgegg.co.jp/
Q:社会貢献をやっているんですが、社内外に伝わらない。

A:創業の精神を紐解く必要がある。
創業者がご存命であれば直接ヒアリングして
「なんでその社会貢献をしているのか?」を聞いてみる。
「他もやっているからなんとなくやってる」では弱い。

創業者が残念ながらいない場合は、創業時のメンバーや取引先に聞いてみる。
後継者であれば「なぜ後継したのか?」をとことん深堀してみる。

IMG_1736

IMG_1702

<ケーリッツ 前田有香さんの質問>
http://kritz-academy.com/
Q:人間関係に悩んだりすると「なんのために仕事をしているか」見失ってしまいます。

A:人間の器を大きくすること、寛容さが必要です。
そのためにも、経営研究会の中で、素晴らしい経営者と触れ合う、人間力を大きくすることが大事ですね。

IMG_1770

IMG_1709
本当にひとりひとりのために、一生懸命に答えてくれました。

そしてアンケートも紹介させていただきます。

<喜多野安心市 廣永工さん>
http://kitanoanshinichi.com/
創業の精神の大切さをこんなに考えたことはなかったです。
自社だけのオンリーワン、強みや使命は、すでに存在するんだと痛感しました。
よりオンリーワンに、
時代にあった顧客、地域を巻き込んで経営を実践していきたいと思いました。
大切な学び、気づきをありがとうございました。

<徳島大学 学生 中井拓哉さん>
扇野さん、貴重なお話本当にありがとうございました。
工学部では聞くことができない知識創造のプロセス、消費者側の変化など
わかりやすく伝えていただき、これから就職活動に活かせる内容ばかりでした。
企業の理念にはその会社全体で決めた背景が含まれていること、
価値の種類には様々な種類があることを聞いて、
企業が行っている事業や社会貢献を見ることで、
その企業がどうなっていくかということが自分なりに、
その企業の将来性を予測できるスキルが付いたように思えました。
企業選択により深みを持たせられる良い機会になりました。
また機会があればぜひお話を聞かせていただきたいです。
ありがとうございました。

<どんぐり接骨院 中村慎吾さん>
https://www.facebook.com/donguri.b.s
今日、お話を聞いて、改めて自分が開業した時の想いや情熱を掘り起こして
伝えていく作業をする必要があると感じました。
「自分にしかないストーリー」を明文化し
自分で見つめ直すことで
より多くの産後の女性をサポートできるように行動へとつなげていきます。
「自分に何ができるだろう?」と考えながらとてもワクワクしています。
本当にありがとうございました!
IMG_1638

このような情熱的なアンケートが43枚も集まりました。
ありがとうございます。

扇野さんには本当に素晴らしい気づきを頂きました。
本当にありがとうございます。
IMG_1688

また4月18日(月)に「社風をよくするためのありがとう例会」が開催されます。
詳しくはこちらです!
どうぞ、ご参加くださいね!
http://www.ntkk-tokushima.com/information/667.html

omote

ura

<運営スタッフ紹介>
運営スタッフの皆さま、ありがとうございました。

IMG_1809
司会 広報活性化委員会 広報幹事 藤森圭二

IMG_1450
開会挨拶 坂雅弘

IMG_1462
副会長挨拶 副会長 渡邊由紀江

IMG_1547
講師紹介 松浦陽司

IMG_1904
4月例会案内 前田有香

IMG_1948
5月例会案内 高田健司

IMG_1978
研修案内 日創研 末崎幸子

IMG_2028
謝辞 監事 元木康浩

contents_sub02
IMG_2095
プレゼンテーター みかも木履 金村盟

IMG_2141
閉会挨拶 渡邊恭二

12376861_1783409568546592_4917118466726001538_n
カメラマン 桑原基輔

その他にも目に見えないところで活躍してくれたスタッフのみなさん、
ありがとうございました。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =

ページの上部へ