顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 可能思考で生き抜こう ~湯ノ口弘二セミナー~ ④
2009年06月16日

可能思考で生き抜こう ~湯ノ口弘二セミナー~ ④

【4】 意識的に生きる

…しかし、防衛本能のままに生きて、それでいいのでしょうか?

「嫌な上司から逃げる」

「怖いお客を避ける」

「目の前のクレームから逃げる」

「面倒な課題を避ける」

「現実から逃げる」

防衛本能のままに、逃げて、逃げて、避けて、避けてしていると、どんな人生が待っているか、私たちは知恵で、経験で分かっているはずです。

パッケージ松浦 のブログ-可能思考で生き抜こう

そんな、逃げて、避けてばかりの爬虫類のような人生でいいのですか?

私たちには生物の進化の過程で手に入れた「ヒトの脳」があります。

「ヒトの脳」は現実を意識的に把握できます。知恵を働かせて、困難に立ち向かい、チャレンジし、成長していくという能力を持っているのです。

 
パッケージ松浦 のブログ-ガッツポーズ

私たちは「ヒト」であることに「意識的」でいましょう。

現実を良くすることに「意識的」でありましょう。

無意識だと、防衛本能(ヘビの脳)のままに、あらゆることから逃げてしまいます。

ところが、知恵(ヒトの脳)で意識すると変わります。

「これは困難だけど、達成すれば成長できる」

「嫌な上司から逃げずに学ぶ」

「怖いお客に訪問し、気に入ってもらって、注文をもらう」

「目の前のクレームに即対応し、信頼を得る」

「面倒な課題にチャレンジし、自己成長を手に入れる」

パッケージ松浦 のブログ-可能思考で生き抜こう

さて、今後のあなたは、夏休みの宿題を先にしますか?後にしますか?

防衛本能に気づき、目の前の困難から逃げますか?チャレンジしますか?

あなたは「ヘビ」ですか?「ヒト」ですか?

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 14 =

ページの上部へ