顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 幸せの条件③「修行」 ~大谷徹弉さん~
2010年03月12日

幸せの条件③「修行」 ~大谷徹弉さん~

大谷徹弉さんが行場(修行の場)に入ったとき、それは過酷な修行をしておりました。

そんな時に応援に来てくれた人が大谷徹弉さんにかける言葉は決まっていました。

「お疲れ様」「大変ね」「頑張って」「御苦労さま」

…誰も、「代ろうか」とは言いません(笑)

だって、誰も代われないのです。

その修業は大谷徹弉さんのものであり、誰のものでもないのです。



パッケージ松浦 のブログ


人間には「死」が必ずやってきます。

「老」「病」「死」も避けられません。

これも、誰も代わってはくれないのです。

みなさん、「幸せ」な人生を送りたいんですよね?

それでは、「幸せってなんですか?」「このために生きているという目的」はありますか?

ホンダの本田宗一郎さんは死ぬ間際にこういったそうです。

「人生を楽しませてくれて有り難う」

これは目的をもって、一所懸命生きたからこそ言える言葉です。

私達は死ぬ間際、どんな言葉をいうんでしょうね。多くの人はこういうでしょう。

「俺の人生って、なんだったんだ?」

なぜ、これほどまでに本田総一郎さんと違うのでしょう。

みなさん、人生は短いですよ。

「気づいたら、今の年だった」というような無意味な年を積み重ねているうちに、「気づいたら終わりの時が来た」となってしまいますよ。

人生は修行です。

修業とは「やめずに続けること」です。

一生懸命、人生の修業を続けてみませんか?

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + seven =

ページの上部へ