顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 人間力アップ!魅力的な話し方!「聞き屋のスペシャリスト」⑥ ~稲葉寿美さん~
2010年03月26日

人間力アップ!魅力的な話し方!「聞き屋のスペシャリスト」⑥ ~稲葉寿美さん~

一、 姿勢…きちんと相手に正対して、前傾姿勢。

二、 頷き…相手の話に合わせて頷く。

三、 相槌…プチ驚きを入れると効果的!そしてオウム返し!

四、 質問

五、 自分の意見


聞く(姿勢+頷き+相槌):話す(質問+自分の意見)=8:2

これが聞き屋が心がけるバランスです!


※相槌の解説

プチ驚きの例

Aさん「ネックレス買ったんだ!」

Bさん「へぇ!かわいいね!」(プチ驚き)


この「へぇ!」がプチ驚き!非常に大切!これで相手が聞いてくれたと思う。


オウム返しの例

Aさん「この間、美味しいコーヒーを飲んだんだ!」

Bさん「へぇ!美味しいコーヒーを!」

Aさん「そうそう、名古屋駅のすぐ前の○○っていう店でね!」

Bさん「ほぉ!○○っていう店なんだ」

Aさん「そうそう、そこはブラジル産のコーヒー豆専門でね!」

…という具合に話が広がります。


もし、オウム返ししなかったらどうなったでしょう?

Aさん「この間、美味しいコーヒーを飲んだんだ!」

Bさん「へぇ!いつ?誰と?」

Aさん「…え、…う、うん、3日前、Cさんと…」


Aさんはこのように思っています。


(そんなこと言いたいんじゃない!私は店の名前や、何にこだわりを持っているかを喋りたいのに!!)


オウム返しでなく、質問をしてしまう人は多いです。

しかしそれでは、相手の喋りたいことを抑え込んで、違うことをしゃべらざるを得ないことになってしまいます。

オウム返しは重要なのです。


カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 3 =

ページの上部へ