顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 中村文昭さん【5】 中村文昭さんの上京
2010年04月19日

中村文昭さん【5】 中村文昭さんの上京

結局、高校卒業後の進路は何も決まらないまま東京の兄のところへ転がり込みました。

初日に自転車の故障から、防衛庁に突っ込んで捕まってしまう。

そのすぐ後に挙動不審で警察に補導されてしまう。

散々な東京初日でした。


パッケージ松浦 のブログ


しかし、不思議なことに、ここからどんどん人生が変わる出会いが起こり始めました。

補導された警察官と仲良くなり、何度か遊びに行きました。

そのうちにアルバイトを紹介されるようになりました。

日雇いのバイトに行ったときのオジサンたちの会話が私には忘れられません。

「どうせ、俺なんかさ」

この言葉、私自身が高校の時にもっともよく使った言葉だったのです。

ちなみに、第2位は「別に、…」、第3位は「俺のことなんかほっといてくれ」です。


パッケージ松浦 のブログ


「20年後、30年後も、俺はこんな言葉を使っているのか?こんな人生は嫌だ!」

そう痛切に感じました。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − eighteen =

ページの上部へ