顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <仕事を「こなす」人必見!仕事に喜びを、幸せを感じるためには>~広沢自動車学校の経営理念~
2018年04月17日

<仕事を「こなす」人必見!仕事に喜びを、幸せを感じるためには>~広沢自動車学校の経営理念~

2018年4月10日(火)
壮大な南大阪経営研究会&徳島経営研究会合同ベンチマークツアーの締めは「広沢自動車学校」さん!!
心温まる環境を作るとこで、社員さんにもお客様にも感動してくださる仕組みづくりをされていました。


最初の祖川康子社長のご挨拶。
最初、会社に戻ってきたときは、どうも公務員的に仕事をしている。
仕事は「こなす」って感じだったそうです。

そこに「職員さんたちに喜びを感じてもらうには?何を持って幸せなんだろう?」と
本当に一生懸命に考えたそうです。


そこでたどり着いたのが「お客様が帰って来てくれるのが嬉しい」ってこと。
「広沢母校」という理念が生まれ、そこから広沢の進化が始まりました。

現在では徳島県内でトップシェアを誇る広沢自動車学校なのですが、
とある学校の先生からはこのように言われているようです。
「自動車学校に就職??そんなん、未来ないからやめておき!」

広沢スタッフには衝撃が走ります。
「そんな風に思われてたんだ」


確かに車の高性能化が進み、AI化し、自動運転が始まる。
「人が運転するよりも、自動運転の方が安全」となれば、免許の必要性はなくなるわけです。

でもそれは当然、広沢自動車学校さんもご存知です。
だから、「命尊重」の学校になったり、「親子の絆」を繋ぐように変化変貌しております。
これについては、また今後の広沢さんを要チェックですね!

一緒に参加した高田さんが、もう息子さんを入校させることを決意してます(笑)
うん、ボクも凛が18歳になったらお世話になるぞー!
広沢自動車学校さん、受け入れてくれてありがとうございます!


二日間に渡り、エクストの高畑さん&南経営研究会の皆さん、付き合ってくださった徳島経営研究会の皆さん、ありがとうございます

<追記>
このベンチマークツアーの企画は、4月9日に徳島経営研究会に例会講師に来てくれた
エクスト高畑欽哉さんの希望で企画したのですが、総勢13名で参加と、どエライ大々的になりました。
おかげでボクもめちゃめちゃ勉強させていただきました。
ありがとうございます!!!

4月9日(月)マーケティングとイノベーション例会の様子
4月10日(火)西精工ベンチマークツアーの様子
4月10日(火)山のせベンチマークツアーの様子

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 7 =

ページの上部へ