顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【馬車を何台つなげても汽車にはならない】~アービンズ 松本英次氏の例会~
2019年08月29日

【馬車を何台つなげても汽車にはならない】~アービンズ 松本英次氏の例会~

<日創研 北大阪経営研究会の例会に参加してきました>

2019年8月27日(火)
大阪までわざわざ行ったわけは
アービンズの松本英次社長が講演するから!

<ITでイノベーションのチャンスを掴め!~経営革新がわくわくする未来をつくる~>

松本さんは最初に問いかけました。

「皆さんのかけている経営の未来はクリアですか?
それとも、曇ってませんか?
まさか、真っ暗だったりして」

これだけ、AIだ、IOTだ、5Gだと言われている時代に
「ITはよく分からないから恐い」では
視界をクリアに経営ができないですからね。

しっかりと、まずは「知る」ことが重要です。
中小企業でも、ITが使える時代になってきたのですから。

<馬車を何台つなげても 汽車にはならない>

こんな言葉を残したのは、
「イノベーション」という言葉を有名にした
シュンペーターさん。

そう、日本人は「積み上げ」の発想が得意で、
ついつい、改善レベルでモノを考える。

アメリカでは「理想から考える」のが基本!
その為の手段は、現状にないものを使う、生み出す「イノベーション」を起こすもの。

発想がそもそも違うのです。

<それじゃ、イノベーションを起こすには?>

目標をでっかく!
大胆に考えるということです。

例えば
売上10倍!
経常利益率50%!
労働時間1日3時間!
製造原価9割ダウン!

例えば、売り上げ削減度対比105%だったら
「今のままの営業で頑張ろう」と積み上げる!

でも、売り上げ10倍なら!
「今のままじゃダメだ!ITを駆使した売り上げに路線変更だ」とイノベーションが起こる!

<懇談会も大いに盛り上がりました>

「共に学び、共に栄える」理念のもと
大阪で、愛媛で、徳島で、共に学べるメンバーに感謝です!
ありがとうございました。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =

ページの上部へ