顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【名古屋ベンチマークツアー 20TT同窓勉強会 シュリンプ(Shrimp)様訪問】
2012年05月28日

【名古屋ベンチマークツアー 20TT同窓勉強会 シュリンプ(Shrimp)様訪問】

<名古屋ベンチマークツアー 20TT同窓勉強会 シュリンプ(Shrimp)様訪問>

5年前に日創研の20TTという研修を受講しました。
その時の仲間のご縁で、勉強ベンチマークツアーに参加させて頂きました!
卒業後も学び続ける仲間って素敵です。

2012年5月26日
愛知県の美容院 シュリンプ(Shrimp)様に訪問。
http://shrimp.co.jp/index.html


こちらは社長の井上寛さん。
20TTでは、ファシリテーターという厳しいお役目を務めておりました。

井上社長からの質問で、いろいろとディスカッションしました。

 

中小企業の課題は?
①大きくなる業績格差をいかにして小さくするか
②人材をどのように育成して定着させるか
③遅れている新商品や用途の開発をどう急ぐべきか
④寡占化がすすむ中、独自性づくりをどうするか
⑤生産性をどのように向上させるか

 

この5つの課題に対して、
自社で優先順位をつけて、上位1~2つを発表しあいました。

パッケージ松浦では
④独自性
②人材育成
私はこの2つが重要課題と思っております。

 
みんなで発表している中で思ったのですが、

社長が④独自性②人材育成と思っている。
でも、幹部さんは③新商品⑤生産性と思っている。
はたまた、社員さんは①業績格差が絶対問題だと思っている。

こんな状況をつくってはいけません。

社長、幹部、社員が力を合わせて、ベクトルを合わせて、
三位一体経営をしなければならない。

そう、痛感させて頂いた学びになりました。
シュリンプ 井上社長。

そして、今回の段取りをしてくださった20TTの同期
シュリンプの渡辺さん、本当に有り難うございます!

この話はまた後日、水谷工業編に続きます。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + eight =

ページの上部へ