顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <日創研 徳島経営研究会 新年総会例会② アービンズ 代表取締役 松本英次氏講演>
2014年01月26日

<日創研 徳島経営研究会 新年総会例会② アービンズ 代表取締役 松本英次氏講演>

<日創研 徳島経営研究会 新年総会例会② アービンズ 代表取締役 松本英次氏講演>


2014年1月17日(金)
日創研 徳島経営研究会の新年総会例会

愛媛経営研究会から豪華3名の講師の二人目!
アービンズ http://www.earvin-s.com/
代表取締役 松本英次氏

新しい取り組み、例えば「企業でのFBの取り組み」などを開始する時。
社風の良し悪しで全く成果が違うということです。

社風の良い会社では、
「その取り組み面白いですね」
承認のスピードが早い。

いざ取り組むと
「私にやらせてください」
「いえいえ、僕がやります!」
「俺はこれが手伝えるぜ」
協力する体制がある。
10日で企業ページが立ち上がります。

もちろん、そんな会社では成果がでるのが早いですね。

社風の悪い会社では
「そんなことやらなくても」
「社長とFB友達なんて嫌」
なかなかスタートできません。


いざ取り組むと
「誰がやるんですか?」
「まさか、私じゃないですよね」

協力どころか、責任のなすり付け合い。
なかなか立ち上げどころではありません。

もちろん、そんな会社では記事の投稿すらなく、成果はでません。

松本氏が何を言いたかったのかというと、
「いろいろな仕組み、IT、フェイスブックなどの取り組みをすることは素晴らしい」
「でも、その前に社風をよくすることの方が先ですよ」


IT会社の社長がこのようなことを言うなんて。
やはり経営研究会はすごい。

パッケージ松浦としても、今は転換期ともいえる時期。
社風を良くし、全員で舵を切っていきたいと感じました。

この話は続きます。

二人目はアービンズ http://www.earvin-s.com/
代表取締役 松本英次氏

三人目はパートナーシップ経営塾
代表 玉井和幸氏  の予定です!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 4 =

ページの上部へ