顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <ほめ達in徳島 泣く子も誉める、ほめる達人の西村貴好氏のセミナーに参加してきました>
2014年06月16日

<ほめ達in徳島 泣く子も誉める、ほめる達人の西村貴好氏のセミナーに参加してきました>

<ほめ達in徳島 泣く子も誉める、ほめる達人の西村貴好氏のセミナーに参加してきました>

2014年6月8日(日)
徳島で「ほめ達」セミナーが開催されました!

実は私も「ほめ達2級」の資格を持っています。
・・・が、なかなか誉めれませんね。

現在は昔と違って、自己重要感を持っていない人が多い。
今はやはり「誉める」ことで、その人の存在を認めることが重要なんです。

私は質疑応答で
「誉めると叱るのポイントは?」という質問をさせて頂きました。

西村さんは応えてくれました。

「誉めっ放しは罪です。
誉めて上がったモチベーションを注ぎ込む仕事が必要です。
次の挑戦ステージを準備することが必要です。

叱ることももちろん必要です。
その場合でも、相手の人間性を否定してはいけません。
“もっとできるはずなのに、才能の出し惜しみをするな!”
というような感じで、人間性を尊重するような叱り方が必要です。

誉めるにしても、叱るにしても、
“何を言うかではなく、誰が言うか”が重要です。
まずは自分の人間性を高める努力が必要です。

そして、誉める人、叱る人を、尊敬することです。
尊敬されたいなら、先に尊敬してしまえということです。
“敬えよ”では見透かされます。」

非常に含蓄の深いお言葉を頂きました。
西村貴好さん、本当にありがとうございます。

ちかいうちにまた徳島に来てくれる企画が組まれるそうです!
「なんだか、ほめ達って興味あるなぁ~」
そう思ったアナタは、ぜひその機会に来て見てくださいね!

撮影協力!
渡邊恭二様、
大塚志保様、
青山美紀様、
中村祐介様、ありがとうございました!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + five =

ページの上部へ