顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <元リッツカールトン社長 高野登氏(現・人とホスピタリティ研究所) 徳島経営研究会特別セミナー>
2014年08月17日

<元リッツカールトン社長 高野登氏(現・人とホスピタリティ研究所) 徳島経営研究会特別セミナー>

<元リッツカールトン社長 高野登氏(現・人とホスピタリティ研究所) 徳島経営研究会特別セミナー>

2014年7月28日(月)
元リッツカールトン社長(現・人とホスピタリティ研究所)
高野登氏講演が開催されました!
「極める時代のホスピタリティ」
当日は800名近くの方が参加される素晴らしい盛り上がりとなりました!

高野登氏は語ります。
①相手のために
②相手の立場に立って
この2つは大きく違うと。

①相手のために
これは言わばごう慢な、押し付けがましい考えであると。

②相手の立場に立って
このように考えると、相手と共に、成長していこう、喜びを作っていこうという立場になると。

私もこの2つの違い!
大変に重要に思いました。

そして、質疑応答で質問させていただきました。
「相手の立場に立つことの重要性を痛感しました
ありがとうございます。
でも、それによって、相手に振り回されることがあります。
自分がなくなりそうなときもあります。
どうしたらいいでしょう?」

私の稚拙な質問に、高野登さんはしっかりと応えてくれました。
「まず、そのような問題に直面していることが、
アナタが一生懸命に仕事をしている証拠です。
すばらしい。
“相手の立場に立つ”は、相手の言いなりとは違います。
本当に相手の立場になって、必要なことはなにか?
相手の思いや能力以上になって考えることが必要です。
がんばってくださいね」

高野登さんの応えに救われると共に、
お客様以上に、お客様の立場に立つことの重要性を教わりました!
ありがとうございます。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =

ページの上部へ