顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージ採用事例
CASE STUDY

HOME > 採用事例 > 【そうだっ!フジグランに行こうっ!中西食品さんの「文吉豆腐」ってなんだ?!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

【そうだっ!フジグランに行こうっ!中西食品さんの「文吉豆腐」ってなんだ?!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

デザイン パッケージ松浦 桑原基輔
【そうだっ!フジグランに行こうっ!中西食品さんの「文吉豆腐」ってなんだ?!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
  • 【そうだっ!フジグランに行こうっ!中西食品さんの「文吉豆腐」ってなんだ?!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
  • 【そうだっ!フジグランに行こうっ!中西食品さんの「文吉豆腐」ってなんだ?!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

中西食品さんの「文吉豆腐」が2016年12月8日発売開始!

この変わった名前のネーミング!
実は中西啓社長の思いの詰まったお豆腐なんです。

中西食品は中西啓社長のおじいちゃんである「文吉さん」が創業者!
「初代に捧げる味の豆腐を作りたいっ!」
そんな現社長の思いが、商品の味にも、ネーミングにも乗り移りました!

そして、どんなパッケージがいいか考えました。
「文吉さんの味をぜひ手に取ってもらいたい」
「一般の豆腐とはひと目で違うということがわかるパッケージにしたい」

完成形はこんなパッケージになりました!

bunkichi02

初代 文吉豆腐

「手に取ってもらいたい」ので一つ一つの袋を小判穴のパッケージに入れました!
手に取りやすい!
こうすることで、明らかに他の豆腐パッケージとは違うのもひと目でわかります!
味も初代文吉の暖簾を背負ってますから、自信有りまっせ!

 

パッケージも歴史を感じるでしょう!
実はこれ、歴史観を感じさせる工夫をパッケージに施しています。
さて、パッケージに書かれた文章を見てみましょうか。

bujnkiti01
大正三年
中西文吉創業 中西啓伝承
初代 文吉豆腐
徳島県阿南市下大野町渡上漆ノ捌

ちなみに、最後の方の漢字はこの意味です。

漆→7
捌→8

つまり!
創業年月日、創業者、伝承者、住所を全て漢字で書いただけ!
うん、それだけで歴史観をとっても感じるパッケージデザインになりました!

 

まずは徳島のフジグラン3店舗から販売開始です!
ぜひぜひ、豆腐売り場を見て、手に取ってみてくださいね!

フジグラン北島
http://kita-fuji.com/

フジグラン石井
http://fuji-chirashi.com/shop/index/70

フジグラン阿南
http://fuji-chirashi.com/shop/index/68

株式会社 中西食品
http://www.k-nakanishifooz.com/

〒 774-0045
徳島県阿南市下大野渡り上がり7-8
TEL 0884-22-0407
FAX 0884-23-4779

企業名
株式会社 中西食品
商品名
初代 文吉豆腐
URL
http://www.k-nakanishifooz.com/
デザイン
パッケージ松浦 桑原基輔

ご相談・お問い合わせ

お名前 [必須]
メールアドレス [必須]
ご住所
電話番号
- -
お問い合わせ種別
お問い合わせ内容 [必須]
 

一覧へ

ページの上部へ