顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージ採用事例
CASE STUDY

HOME > 採用事例 > 松竹梅理論で客単価アップ

松竹梅理論で客単価アップ

松竹梅理論で客単価アップ
  • 松竹梅理論で客単価アップ
  • 松竹梅理論で客単価アップ

利益率改善の方法は4つあります。
(1)コストダウン、(2)値上げ、(3)利益率改善、(4)客単価アップです。
突然ですが、フランス料理やのオーナーになったつもりで考えてみてくださいね。

Aランチ 980円
Bランチ 1,280円

今はAランチばっかり売れて、殆どBランチが売れません。でもこれでは客単価が低いので、なんとかBランチをもっと販売したいと思ったらどうしますか?

実はこれ、すごく簡単な解決策があるんです。それは「Cランチ 1,480円」をつくることです。人は二択の場合、安い方を選択してしまいやすくなります。しかし、三拓になると、思わず真中を選んでしまいやすくなるのです。Bランチも売れて、たまにCランチを頼む人もいて、客単価が上がります。
そうです!2種類でなく、3種類の選択肢を作った方が、客単価があがるんです。これを「松竹梅理論」と言います。

こちらもパッケージ松浦のお客様である徳島市役所近くで美味しい野菜ジュースなどを販売している「ベジフル」さんです。ジュースサイズをS、M、L用意しています。そして店頭で大きさが分かるように、パッケージだけを展示しています。
こうやってパッケージを3種類用意するだけでも、客単価アップにつなげることができるんです。

もし、あなたの会社の商品が二択ばかりになっていたら、もう1種類追加することを考えたら面白いですね。

企業名
ベジフル
商品名
ベジジュース
URL
http://vegifull.biz/

ご相談・お問い合わせ

お名前 [必須]
メールアドレス [必須]
ご住所
電話番号
- -
お問い合わせ種別
お問い合わせ内容 [必須]
 

一覧へ

ページの上部へ