顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【こんな単純なことで売上が落ちるとは(汗)】~売上復活方法解説付き~
2020年05月31日

【こんな単純なことで売上が落ちるとは(汗)】~売上復活方法解説付き~

「当たっている販促物は使い続ける」という法則があります。

例えば、チラシのキャッチコピーを変えて当たったとします。
次回のチラシも、そのキャッチコピーを使うのです。

「ちょっと、これも試してみよう」とか
「こんな風にアレンジしてみよう」思ってはいけません。

反応が落ちるまではそのまま使い続けるのです。

前職のころ、聞いたことがあります。
とある会社の部長が言われていました。

「うちの売れている商品のパッケージ!
もっと、売れるようにリニューアルしたんだよね。
そしたら、全く売れなくなっちゃってさ」

聞いたところ、こんなリニューアルをしたそうです。

「黒」のパッケージで売れていた商品!
より、売り場で目立つようにと「赤」のパッケージに変えたそうです。

すると。。。
お客さんは「黒」のパッケージを目印に店頭に買いに来てます。
「赤」になっちゃったもんで、商品名が同じでも、目に留まらないのです(汗)

「あれー?あの黒い商品なくなっちゃったね」
と帰っていってしまう。

あわてて、元の黒色パッケージに戻したら
売上は復活したそうです!

その他にも
オムロンさんの事例もあります。

「けんおんくん」
約15秒で体温が計れる優れものもの

パッケージにも
「使いやすい パッと検診15秒」と
時間短縮のメリットを伝えていますね。

※画像出展
オムロンヘルスケアストア

この「けんおんくん」に、昔、悲劇が起りました。

売上ダウン!

理由はと言うと、パッケージリニューアルの時に
「けんおんくん」の文字を小さくしてしまったとのこと。

それだけのことだったのですが、
お客様が「けんおんくん」を見つけられなくなったのです。

あわてて、大きな文字に直したところ
こちらも売上が復活したそうです。

なるほどー。

「当たっている販促物は使い続ける」か。
これはパッケージにも言えることですね。

売れてない商品のパッケージリニューアルは大胆に!
売れている商品のパッケージリニューアルは慎重に!

ってことですね。


※この動画の14分40秒くらいから約10分間
今日の動画の関係するような、お話をさせて頂いております。
よかったら、観てね♪

さて、ボクのセミナーって聞いたことありますか?

ボクはスタイルは

「ジッタリンジン系セミナー」です(笑)

 

ご存知ですか?
1990年代にヒットした「ジッタリンジン」というバンド。

あなたが私にくれたもの キリンがさかだちしたピアス
あなたが私にくれたもの フラッグチェックのハンチング
あなたが私にくれたもの ユニオンジャックのランニング
あなたが私にくれたもの 丸いレンズのサングラス

こんな歌詞が延々に続くという
サビ、サビ、サビ、サビみたいな感じ(笑)

そう、ボクのセミナーも
「これでもかっ」って具合に、事例を連発!
事例、事例、事例、事例みたいな感じ(笑)

今のところ、ウケはいいかなー?
反応は落ちてないと思うので、

6月1日のセミナーも、「ジッタリンジン系」セミナーで行きます!

オンラインセミナーです。
聞いたことない方は、ぜひ聞いてね♪


https://www.facebook.com/events/2816039505174245/

Facebookイベントページから「参加」をクリックしてお待ちくださいませ。

 


「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」
Amazonや全国の本屋さんで販売中!

本の購入方法

1.あなたのご近所の書店(品切れの際はレジでご注文ください)
2.ネットショップ(Amazon7ネット楽天ブックス

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 18 =

ページの上部へ