顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージでブランド要素を何処まで表現できるかを考える キャラクター 東ハトの戦略】
2013年01月20日

【パッケージでブランド要素を何処まで表現できるかを考える キャラクター 東ハトの戦略】

【パッケージでブランド要素を何処まで表現できるかを考える キャラクター 東ハトの戦略】


おはようございます。
世界初、徳島発のパッケージマーケッターの松浦陽司です。

先日、パッケージで何処までブランド要素を表現できるかの話を書きました。
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11451445898.html )

今日はその続き。
「キャラクター」について考えてみます!

「ドナルド」といえば「マクドナルド」
「カーネルおじさん」といえば「ケンタッキー」
すぐにキャラクターと言えば、企業が結び付くんです。

キャラクターとは非常に重要なブランド要素なんです。

だから、東ハトさんは必ず全商品にキャラクターを使います。

☆☆☆

●暴君ハバネロ

 

ご存知、インパクトのあるハバネロがキャラクター
強烈に記憶に残りますね。

●キャラメルコーン

 
長年愛されてきているキャラクターです。
ちなみに、40周年記念だそうです。

●ツッツコーン
 
以前に紹介した記事はこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11089461281.html

●オールレーズン
 
実は最後までキャラクター化されていなかった商品です。
遂に「ALL」の部分にキャラクターが入りました。

なぜ、東ハトさんがキャラクターを全商品に使うのか?
それはやっぱり人の心を捉えたり、話題を生んだりするからです。

パッケージにキャラクターを。
そんなパッケージマーケティングはいかがでしょう?

☆☆☆

他にも東ハトさんは色々とキャラクターを使ってます。
しかも、全てに名前やキャラクター(性格)づけをされております。
よかったら、調べてみてくださいね。

東ハトHP
http://tohato.jp/index2.php

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − 3 =

ページの上部へ