顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 「商品そのもの」を売るな 「体験・価値」を売ろう パッケージで伝えよう ~野田ハニーさん発表~
2021年06月27日

「商品そのもの」を売るな 「体験・価値」を売ろう パッケージで伝えよう ~野田ハニーさん発表~

「うちの商品を
なんとかして売ろう」

あなたは日々、
そのように思って
営業や経営していると思います。

でも、ちょっと待ってみて!

「商品を売ろう」

その発想が間違っていたとしたら???

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ変える
パッケージマーケッターの松浦陽司です!

本日のお題は

「商品そのもの」を売るな
「体験・価値」を売ろう
パッケージで伝えよう

で、行ってみよーーー!

2021年6月25日(金)
徳島県中小企業家同友会
リアル&zoomハイブリッド例会が開催されました!

発表されていたのは
野田ハニー食品工業
野田和博社長です!

元々はハチミツの会社だったので
「野田ハニー」と社名についてますが

現在は「ざくろジュース」が
メインの商品に移行されております。

ここで野田社長は
凄い意味深いことを言われていました。

お客様は「ざくろジュース」は欲しくない
「妊娠したい」だけなのだ
それによって「子供がいる生活」を手に入れたいのだ

そうなんですよね。
商品自体を欲しい人は
誰もいないわけです。

欲しいのは

「その商品を得ることで
どんな体験や価値が手に入るのか?」

こういう考え方が大事!

「商品を売る」

この発想が実は間違っているのです。

まあ、薬事法とかの関係があって
ストレートにパッケージに
書くのが難しいことが多いのですが

パッケージや営業や
HPなどで丁寧に

野田ハニーのペルソナ
(メインターゲット)である
「ライト不妊」の人に伝えていきます。

あくまで
「妊娠しやすくなる」とか
ストレートには書けませんが。

野田ハニーさんには
他にもこんな商品があって

 

フレーバーハニー すだち

 


フレーバーハニー れもん

どうです?!
「映える」でしょう(^^♪

お客様は「フレーバーハニー」は欲しくない
「飾りたい」だけなのだ
それによって「おしゃれな生活」を手に入れたいのだ

ってな感じになるでしょう。

「商品そのもの」と言うより
「体験・価値」を伝えることが重要です!

それにはパッケージの力も重要ですね!

野田和博社長!
素敵な学びをありがとうございます!

本日のお題は

「商品そのもの」を売るな
「体験・価値」を売ろう
パッケージで伝えよう

でございました!

あなたは今日一日、
どんな体験をしようと思っておりますか?

素敵な一日でありますように!

<本日のお客様>

野田ハニー食品工業 株式会社
https://www.nodahoney.com/
〒776-8582 徳島県吉野川市鴨島町内原144
0120-24-8382
受付時間 9:00~17:30(土日祝を除く)

※今日のパッケージのデザインは
野田ハニーさんから提供して頂きました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 9 =

ページの上部へ