顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > メディア > ホンキにさせる販促術 パッケージ会社のリモート営業
2022年05月21日

ホンキにさせる販促術 パッケージ会社のリモート営業

「コロナのせいで」
と愚痴るよりも

「コロナのおかげで」
と感謝する。

そんな風に、一日を送りたいものです。

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

ホンキにさせる販促術
パッケージ会社のリモート営業

で、いってみよーーー!

 


コニカミノルタが提供する販促マガジン
ホンキにさせる販促術 Vol.43

パッケージ松浦特集紹介④でお届けします。

 

 

それではインタビュー記事を
抜粋させて頂きます。

 

―ここからは、
コロナ禍における
営業方法について教えてください。

パッケージ松浦では、
コロナ禍前後で
営業の方法に変化はありましたか。

 

 

松浦

2020年4月に
緊急事態宣言が出され、

「対面営業ができないなんて
もう無理かも…」

という思いが頭を
よぎったこともありました。

 

 

ところが、
そんな事態にもかかわらず、
東京の企業から
仕事の相談をいただいたんです。

 

 

とはいえ東京へは行けませんし、

「リモートでの
お打ち合わせで
よろしいでしょうか?」

と伺ったら、

「いいですよ」

と二つ返事で打ち合わせが決定。

結局、このクライアントとは
一度も顔を合わせることなく
納品まで完了しました。

 

 

これ以降、基本的には
Zoomを活用した
リモートでの営業や
コミュニケーションがメインに。

 

 

例えば、この鶏卵のパッケージ【C】も
リモートのコミュニケーションだけで
受注から納品まで行ったものです。

 

 

クライアントは
広島県にある養鶏場で、
代表が代替わりし、
数年経過したタイミング。

相談内容は

「パッケージをかわいくしたい」

というものでした。

早速Zoomを介して
打ち合わせをしたところ、

名称の「ふみちゃん」が
引退した先代のニックネームだったり、

商品特徴がまったく
伝わっていなかったりと、

さまざまな課題が浮き彫りに。

 

 

そこで、当社ではネーミングも
新代表のニックネームを加えた

『コッコさんのこだわりたまご』

へと変更すると同時に、
女性好みのかわいらしい
デザインに振り切り、

内側にはこの卵の
特徴を説明した
コピーを配する
ギミックも仕込みました。

このパッケージリニューアルを受けて、
売上昨対比117%になっているそうです。

―温かみがあり、作り手のこだわりが伝わってくるデザインですね。
リモートでのコミュニケーションは対面と比べてどこが違いますか。

 

ということで
盛り上がったところで
続きはまた来週の土曜日に!

今までの分もよかったら読んでね!

ホンキにさせる販促術①
ホンキにさせる販促術②
ホンキにさせる販促術③
本日のお話は

ホンキにさせる販促術
パッケージ会社のリモート営業

でございました。

あなたの今日一日が
感謝がいっぱいの
一日でありますように!

 

 

<本日のお客様>

有限会社 菅藤養鶏場(すがとうようけいじよう)
https://www.fumitama.jp/

〒729-6715
広島県世羅郡世羅町大字下津田59−1
0847-39-1700

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + two =

ページの上部へ