顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージ採用事例
CASE STUDY

HOME > 採用事例 > 【パッケージは商品の顔】~ウォームさんが世に放つ「黒にんにくの力」~

【パッケージは商品の顔】~ウォームさんが世に放つ「黒にんにくの力」~

デザイン 株式会社パッケージ松浦 桑原基輔
【パッケージは商品の顔】~ウォームさんが世に放つ「黒にんにくの力」~
  • 【パッケージは商品の顔】~ウォームさんが世に放つ「黒にんにくの力」~

「前言撤回」って
素敵な言葉だと思いませんか?

なんのことかと言うと
中田敦彦さんのこと。

中田敦彦さんは2021年3月に
「顔出し引退」を宣言しました。

こちらの動画の中で
「なぜ、顔出し引退するのか?」
を解説されていました。

聞いてみると、納得!
ぜひ、応援したいと思いました。

しかし、、、
この動画を見て
がっくりきました。

中田敦彦さんのアバターによる
「デスノート」の解説!

なんか、やっぱり
熱い思いとか感じないんですよね。

うーーーーん。

でも、あそこまで大々的に
「中田敦彦、顔出し引退」
って本人が言ってたし、

ワイドショーでも大々的に
言われていたから、
引き返せないだろうなー。

そう思ってたら、
来たーーーー!!!


「顔出し引退を前言撤回」

ボクにしたら嬉しいなー。

さっそく、いろいろな方面から
「いきなり前言撤回か?」
なんて、叩かれているみたいですが

「アバターで投稿したんですけど
失敗しました。撤回します」

このスピード感は
ボクはめちゃめちゃ素晴らしいと感じてます。

「前言撤回」
welcomeです。

ぜひぜひ、今後とも楽しませて頂きます。

中田敦彦さんのアバターの敗因。

最大の原因は「顔出し」してない
ってことに尽きるのですが

それほどまでに
「顔」って大事なんですよね。

「商品の顔」と言えば
間違いなく「パッケージ」です。

「パッケージは商品の顔」

なんですよね。

あ、おはようございます。

パッケージを変えただけで売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ変える
パッケージマーケッターの松浦陽司です!

2020年8月上旬
東京で「神楽坂てっぱんや」などを
経営されるウォームの
梁川(やながわ)正治社長とzoom対談!

光栄なことに
「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」
を読んでくださって

「パッケージ の相談がしたい」
と連絡してくださったんです。

嬉しいなー。
ありがとうございます!

お聞きするに駅ナカコンビニで
「黒にんにく」を販売するとのこと。


日を改めて2020年8月下旬

黒にんにくのメーカーである
青森のトータルの
松頭弘也さんも加えてのzoom!

距離を超えての商品開発会議!

「黒にんにくは
飲む前に食べるといい」

「ターゲットは
飲食店に行く前の男性」

「駅ナカコンビニなので
パッケージは吊るせるタイプがいいよね」

「食べきりやすい
1粒パッケージがいい」

など、色々な意見が
交わされて行きます。

そして、このような
商品とパッケージが完成しました!


「黒にんにくの力」

キラキラ金色素材の
シールを選びました!

店頭で目立ちそう!

二つ折りにして
吊り下げ穴も完備してます。

「○○の力」というネーミングは
「なんか、飲む前に食べたら効きそう」
というイメージを持ってもらうためです。

「青森県産」という
安心のイメージも伝えます。

「パッケージは商品の顔」

です。

これで東京の駅ナカコンビニで
どんどんお客様に
「パッケージによる顔出し」して欲しいなー。

そして、愛される商品になって欲しいなー。

近日発売予定です!

正式に発売開始されたら
また告知させて頂きます!

東京の方、少々お待ちを!

企業名
株式会社 ウォーム (店舗名は「神楽坂てっぱんや」)
商品名
黒にんにくの力
URL
http://www.teppanya.jp/  (店舗「神楽坂てっぱんや」のURLです)
デザイン
株式会社パッケージ松浦 桑原基輔

ご相談・お問い合わせ

お名前 [必須]
メールアドレス [必須]
ご住所
電話番号
- -
お問い合わせ種別
お問い合わせ内容 [必須]
 

一覧へ

ページの上部へ