顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 「いいデザイン」=「カッコいいデザイン」 なのかどうか?
2011年10月21日

「いいデザイン」=「カッコいいデザイン」 なのかどうか?

「いいデザインは、カッコいいデザイン」と思っている貴方へ。
そうじゃないですよね。
貴方が本当に望んでいるのは「売れるデザイン」ですよね。

おはようございます。松浦 陽司です。
大阪の地下鉄などの乗り継ぎが上手くなってきたなと感じてます。

☆☆☆

いいデザインは、売れるデザイン


感動販促研究所 米谷仁氏
http://ameblo.jp/joker-yone4284/

☆☆☆

以前に牛乳ネタを書きました。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11013622706.html

いい牛乳パッケージって何でしょうか?
もちろん、売れること。

売れるためにはどうあるべきでしょうか?
それを徹底調査するために、スーパーを観察しました。

そして牛乳を手に取る主婦の皆さんにアンケートをとります。
「なぜ、あなたはその牛乳を手に取ったのでしょうか?」
そして、恐るべき結果が!!??

A.パッケージにインパクトがあったから
B.ロゴが格好良かった
C.メーカーが安心できる

貴方はなんだと思いますか??






はい、時間です。
答えを言います。

実はAでも、Bでも、Cでもない!

D.日づけの新しいもの

だったそうです!
(引っかけ問題でごめんなさい)

よい牛乳デザイン、つまり売れる商品を作るためには、「日付」を目立たせることが重要だったのです。

そして、その牛乳は飛ぶように売れるようになったそうです。

お客さんが望むピンポイントを掴む!
そして、それを大きくパッケージでアピールする!

これで売れる商品開発できます。
貴方の商品を買う人は、商品の何を欲しがっているのでしょう?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 16 =

ページの上部へ