顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【スープはるさめが10周年を迎えました ~エースコックさん~】
2012年03月8日

【スープはるさめが10周年を迎えました ~エースコックさん~】

【スープはるさめが10周年を迎えました ~エースコックさん~】

 

おはようございます。
季節の変わり目、時代の変わり目を大事だと思う松浦 陽司です

☆☆☆

歴史を明示することがパッケージマーケティングになります。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11095290425.html

☆☆☆

知ってます?
現在の都心部の歯医者さんの話。
開業1年以内に2/3が倒産するそうです。
それだけ、新規永続が難しい世の中なんですよね。

そんな中で、エースコックのスープはるさめが10周年を迎えました!
おめでとうございます!

・・・え?なんで気づいたかって?

だって、天面の蓋に書いてありますもん。
「10th」って。

 
こういった
10周年とか、
100周年とかって、記念になるんですよね。

 
それだけ愛されていたんだと、お客さんに訴えることもできます。

バイヤーさんに「10周年なんで、キャンペーンしてくださいよ」と訴えることもできます。

特に、節目のシーズンにはいいですね。

 

中小企業でも絶対にするべきです。

10周年。
20周年。
節目節目は大事ですね。

それをきっちりとパッケージに訴えてあげる。
それだけで、お客さんの選ぶ理由になります。

 

さて、勝手にコンサルコーナーです。


私が中小企業のオーナーなら、
まずは「自社の歴史」を振り返ります。
そして次は「商品の歴史」を振り返ります。

するとでてくるでしょう。

「あれ?うちは50周年だった」
「うん?会社は切りの悪い数字だけど、この商品は10周年だ」

そうなんです。

会社の歴史と、商品の歴史。
両方ともキャンペーンしてしまえばいいのです。

すると、売上アップの可能性が増えますね。
こんなパッケージマーケティングはいかがでしょう?

「○○周年いいね!」と思った貴方はぜひ、お問い合わせください。
下記のバナーをクリックしてね!

 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =

ページの上部へ