顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ネピア「鼻セレブ」はなぜ購入されるのか?機能的価値3割:情緒的価値7割に訴えるパッケージ】
2013年03月23日

【ネピア「鼻セレブ」はなぜ購入されるのか?機能的価値3割:情緒的価値7割に訴えるパッケージ】

【ネピア「鼻セレブ」はなぜ購入されるのか?機能的価値3割:情緒的価値7割に訴えるパッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨夜はブランディングセミナーを受講しておりました。
その時に講師のサンアスト( http://www.sunast.co.jp/ )の佐治邦彦さんに教えて頂いたことを、
パッケージマーケティングで考えてみました。

お客さんは商品(モノ)自体を買っていません。
①機能的価値と②情緒的価値を買っています。

①機能的価値とは、商品そのものの物理的な機能です。
うどんなら美味い。
車なら走る。
ティッシュなら鼻が拭ける。

②情緒的価値とは、商品に付加されたイメージや利便性です。
大正製薬の風邪薬ならなんとなく効きそう。
グッチのバックは高級で質が良さそう。
スタバはお洒落そう。

そして、今、人が商品を購入する時に大切なのが②情緒的価値であると言われているそうです。

「うどんは味が一番でしょ?」と思ってしまうものです。
でも、味は3割だそうです。
それ以上に、購入動機の7割もが情緒的価値!

広告、CM、店舗の雰囲気、接客、そしてパッケージなど、
そのうどんを取り巻くイメージ「情緒的価値」が大切になってきます。

「鼻セレブ」
なんだか、セレブな感じがしますね(笑)

「ティッシュ」という①機能的価値で考えると、鼻が拭けたら言い訳です。
でも、商品名が「ティッシュ」で、パッケージが真っ白のパッケージを想像してみてください。
・・・・買いますか?
買わないですよね。

「鼻セレブ」というネーミングでセレブ感や鼻に優しいイメージを与えます。
パッケージも可愛くって目を惹きます。
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11220355093.html )

そういうイメージ②情緒的価値があるから、購入動機になるんですよね。

パッケージでお客さんの情緒的価値に伝えることを考えると面白いですよ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 9 =

ページの上部へ