顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <稼働率95%以上の奇跡のビジネスホテル「道頓堀ホテル」にベンチマークツアーに行ってきました>
2014年10月16日

<稼働率95%以上の奇跡のビジネスホテル「道頓堀ホテル」にベンチマークツアーに行ってきました>

<稼働率95%以上の奇跡のビジネスホテル「道頓堀ホテル」にベンチマークツアーに行ってきました>

2014年10月15日(木)
稼働率が95%以上あるという奇跡のビジネスホテル!
道頓堀ホテル http://www.dotonbori-h.co.jp/
徳島経営研究会のメンバーでベンチマークツアーに行ってきました!

初めに専務取締役の橋本明元さんから
「道頓堀ホテルのブランド戦略」についての講演がありました。

道頓堀ホテルは、現在は9割が外国人のお客様です。
橋本明元さんはホテル業界を見て
「海外の人に徹底的にサービスするビジネスホテルがないな」と感じ取り、
海外客にターゲットを絞った戦略に切り替えたそうです。

実際にロビーで行き交う会話を聞くと、
とても日本とは思えません(笑)

 

そして、通常のビジネスホテルではありえないサービスを始めます。
それは、業界の固定概念を打ち破る!
「お客様のあったらいいな」を実現し続けるサービスです。
 
 
国際電話を無料でかけれる!
お客さんは「無事に日本に着いたよ」と家族に連絡できる。

30カ国の外貨交換を一般レートで、全くの利益なしで行う。
ちなみに、「ドン」も交換できます。
「ドン」ってなにか分かりますか?
フィリピンの通貨だそうです。
「えぇ~。まさかドンまで交換できるの?!」
とお客様は感動します。

フロントで飲食自由です。
基本的にホテルのフロントは飲食できません。
それはホテル側の都合。
掃除が面倒。
ホテルの中のレストランの売り上げが下がる。
でも、お客様は飲食したいんです。

でも、これらは便利なんだけど、他も真似できるビジネスモデルです。
真似しようと思ったら、真似できます。 

橋本明元さんは考えます。
それより人と人との触れ合いを売りたい。
思い出を売りたい。

そこで始めた「決済権制度」!
一回で20万円以内であれば、
フロントスタッフが自由にお客様のためにお金を使っていいんです。


自分でお金を使うことで経営感覚が身につく。
上司から言われたことだけでなく、
自分で「お客様に喜んでもらうこと」を考える。
最近のおもてなしはほとんど社員さんが考えたこと。

例えば毎週火曜日には日本食を振舞うサービスを行ってます。 

お寿司を振舞ったり、
おでんを振舞ったり、
たこ焼きを振舞ったりします。

例えば毎週金曜日には生花教室もするそうです。
自分で生けた花を、飾ったり、写真を撮ったり。
日本の思い出が残ります。

感動したお客さんは口コミを生んでくれます。
リピートしてくださいます。

お客様の心に残すサービスを提供したい。
働いているスタッフ全員が幸せを感じる会社作り
一人でも多くのお客さんに日本を好きになってもらいたい。
そんなビジョンを感じるお話でした。

橋本明元さん、いつもいろいろと教えてくださりありがとうございます。
まだまだ書き足りないので、後日、書こうと思います。

その橋本明元さん、今度、徳島でも講演してくださいます!
興味を持たれた方はご連絡ください!

 
【業界の常識を打ち破ろう!『あったらいいね戦略』から学ぶ!】

ビジネスホテルの激戦区「なんば」の道頓堀ホテル!
なんと、稼働率が95%超え!?
経常利益が14%!?
8割以上のお客さんが海外客?!
なんでこんなにすごい経営ができているのでしょう?

その秘密は、業界の常識を打ち破った
「あったらいいね戦略」!


ちょっと前までは本当に大変だったようです。
疲弊したビジネス。
どんどん進出してくる同業他社!

そこで業界の常識を打ち破り、
お客様を「外国人」へ絞込み!
大手旅行代理店との契約打ち切り。
海外へ営業へ!

さらに常識を打ち破ります
なぜか、ロビーにはアジア各国の人たちが溢れ、
たこ焼きを食べたり、
お寿司を食べたり???

そして、驚異のV字回復へ!
経常利益14%へ!

どの業界でも応用できる「あったらいいね戦略」を
わかりやすく解説してくださいます。
ぜひ、ご参加ください!

【業界の常識を打ち破ろう!『あったらいいね戦略』から学ぶ!】
●講師
株式会社 王宮 道頓堀ホテル
専務取締役 橋本明元氏

●橋本明元氏の所属団体
北大阪経営研究会
盛和塾<大阪>
倫理法人会など

【日時】
2014年11月20日(木)
18:00受付
18:30~20:50講演

【場所】
阿波観光ホテル
徳島市一番町3-16-3
088-622-5163

【参加費】
2000円
当日、集金させていただきます。
(ただし、徳島経営研究会の会員は無料)

【懇談会】
セミナー後に、阿波観光ホテルで
懇談会を予定しております。
予算は4000~5000円程度。
どうぞ、奮ってご参加ください。


コメントに「懇談会希望」と書き込みをいただけると助かります。

【お願い】
阿波観光ホテルの駐車場が大変、少ない状況です。
公共交通機関か、お近くの有料駐車場をご利用いただけると助かります。

【注意】
このイベントへの招待やシェアは、
・・・・積極的にオススメしております。
本当にどの業界でも「あったらいいな」は実現できます。
経済をよくするために、ぜひぜひお知り合いなどお誘いください。
だって、「経済」の語源は
「世の中を良くして、人々を救う」ですから・・・

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =

ページの上部へ