顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【アイディアに煮詰まったら行う3つの行動】~パッケージ製作具体例を添えて~
2020年09月3日

【アイディアに煮詰まったら行う3つの行動】~パッケージ製作具体例を添えて~

Q アイディアに煮詰まったらどうしますか?

そんなことってよくありますよね。
「もう、やりようがないな」なんて
新しい発想が出てこない。

そんな時にボクが、どうしているかというと、

A 一人で考えないようにしています。

アイディアって、なかなか自分の中から湧いて出ることはないんですよね(汗)

<アイディアに煮詰まったら行う3つの行動>

1)人に話してみる
2)本を見る
3)ネットで検索する

1)人に話してみる

「こんな仕事、どう思う?」って
まずは人に話してみます。

話をすることで自分の中でも
「そうそう、こんな内容だったよね」と整理されます。

さらに、人のアイディアも聞けます。
「こんなネーミングにしたらいいんじゃない?」

ボクの場合、社内で桑原さんや、小松さんや、原田さんや、専務に色々聞いてみます。
「これ、コンビニに並んでたら、買いますか?」

そこから見えて来るもの、生まれてくるものがあるんですよね。

2)本を見る

パッケージ専門の本を
パラパラと見て、
「あ、これいいんじゃない」
「ん?これは参考になるな」
と、アイディアを入れていきます。

ここで大事なのは
「本を読む」というよりは「本を見る」って感じです。

特定の分野や商品に絞らずに
アイディアストックを仕入れるくらいの気持ちです。

3)ネットで検索する

これはもう、分野を絞って
「ふりかけのパッケージだったら」とか
「にんにくのネーミングなら」とか
もう、絞り込んで調べてみます。

「類似品にならないように」
「他県の成功事例は?」
なんて感じで調べていきます。

あと、大事なのは
「商標登録に触れないか?」

これをチェックするのは大事ですね。
販売後にクレーム来てもいけないし、
最悪、販売中止になることもあるかも知れない。

<具体例>

実際にあった、アイディア創出。

ひじきパッケージのリニューアル依頼を頼まれた時
いろいろと桑原さんと話をしているうちに

リンカーン大統領の「ゲティスバーグ演説」を模したらどうだろう?
って話になったんですね。

そう!
「人民の、人民による人民のための政治」というフレーズです。

ということで、できたのがこちら!


「徳島生まれの徳島の漁師によるとくしま漁連がおすすめするひじき」

こんな風に、パッケージアイディアを出していきます。

※ちなみに最初は
「徳島の、徳島の漁師による、徳島県民のためのひじき」で提案してました。

「徳島県民のためのなんて書いたら、徳島県民しか買わないんじゃ」
という意見で、多少修正されました♪

参考になりましたか?

アイディアに煮詰まったら、一人で考えない。
具体的には

<アイディアに煮詰まったら行う3つの行動>

1)人に話してみる
2)本を見る
3)ネットで検索する

というお話でした。

<本日のおすすめパケTube>
商品開発はパッケージから考えよう

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + nineteen =

ページの上部へ