顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【雑誌スマイラーに「カフェカフス」さん掲載】~テイクアウトパッケージでブランドを伝える~
2020年10月2日

【雑誌スマイラーに「カフェカフス」さん掲載】~テイクアウトパッケージでブランドを伝える~

飲食店がコロナ禍でどのような変化対応を求められているのか?

雑誌「スマイラー」に
徳島の「カフェカフス」の澳津美菜オーナーインタビュー記事が掲載されております。

「子育てママたちには、外食して欲しいから」
「日常を彩って欲しい」って思いがしっかり伝わってきます。

ぜひ、記事をお読みいただけたらと思います。

さあ、ちなみにカフェカフスさん!

もちろん、テイクアウトにも力を入れております。

 

スマイラーには書かれていない取り組みを紹介します!

テイクアウトパッケージに、ロゴシール貼ってお渡しされます。
このロゴシール、実は秘密があります。

シールの箸の方にだけしか糊がなく、
真ん中の方はベタベタしない。

そう!
こんな風に留めても、
箸やオシボリがすっと取り出せる「箸留めシール」なんです。

 

こんな風にオードブルに貼ってもかっこいいですねー!
しかも、オードブル容器の蓋と身もすぐにセパレートできます。

これをセロハンテープで留めていたら
「どこのオードブルなん?」
残念ながら買った人にはわかっても、
食べた人には分からない。

やっぱり、企業のブランドを伝えるのがパッケージの役割ですから!
ロゴシールが重要な役割を果たします。

 

カフェカフスさんではこんな使い方もしてくれています。
ケーキのテイクアウトパッケージにもペタリ!
保冷材もがっちり、固定しながらカフスブランドを伝えてますねー。

しかも、これって、保冷剤がベタベタしない!
お客さんが持って帰った後、再利用できるんですよ。

色々考えられている「箸留めシール」の活用!
企業ブランドをしっかり伝えてます。

興味ある方はぜひ、パケマツにご連絡くださいね♪

<カフェカフス 澳津美菜オーナーは、こちらのUworth(ユワース)の記事にも掲載されてます>
https://uworth3.com/okitsumina/?fbclid=IwAR00FoWh99bSHhQtqViu2XEiashmcA1U_GFhZi86D3wxu-pISrgg-bttzsY

ぜひ、合わせてご覧くださいませ。


カフェカフスの澳津美菜さん、ありがとうございます!
(この画像は2017年撮影)

<本日のおすすめパケTube>

そんな澳津美菜さんが登場してくれた2つのパケTube!
ぜひ、ご覧くださいませ。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 19 =

ページの上部へ