顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ブームは必ず去る ブームに乗るべき2つの理由と ブームに乗るときの1つの注意点
2022年04月14日

ブームは必ず去る ブームに乗るべき2つの理由と ブームに乗るときの1つの注意点

タピオカブーム
高級食パンブーム
ダッコちゃんブーム

世の中流行り廃りがあり
いろいろなブームが
訪れては去っていった。

ところで、ブームって
乗ってはいけないものなのか?
乗ってもいいものなのか?

 

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

ブームは必ず去る
ブームに乗るべき2つの理由と
ブームに乗るときの1つの注意点

で、行ってみよーーー!

 

 

 

高級食パンブームに乗って
数々の店舗がOPENしましたが

現在、閉店ラッシュ!

高級食パン専門店が
一時、山のようにできましたが

現在では、高級食パンブームは
去ったと言っていいでしょうね。

 

 

 

「ブームは必ず去る」

このように言われています。

だから、ブームには乗ってはいけない!!

・・・という考えもありますが
ボクはそうでもないと考えます。

 

 

ブームに乗るべき理由は2つ。

1)爆発力はあるから!

一次的に利用するなら
そりゃ、売り上げも上がった方がいいよね。

 

 

それと

2)文化になることもあるから!

そーなんです。
一過性のブームで終わる場合もありますが
そのまま定着して、
文化になることもあります。

その時に、ずっと後から
やり始めても遅いんですよね。

 

 

それじゃ、続いて

ブームに乗るときの1つの注意点

をお話しますね。

 

 

それは

「軸足を残しておく」

ということです。

 

 

 

 

例えば
徳島&香川で大人気ベーカリー
パパベルの高級食パン「あすか」


最上級の小麦粉を使用!
米糀と酵母のハーモニーで
耳までしっとり!
とろける喉越しの
極上生食パン!!

 

 

こちらもブームの早い段階で
開発&販売を開始!

高級な紙袋
パッケージに入れて販売されております。

すっかりと定着しており
今でも人気商品です。

 

 

他ではブームが去っているのに
パパベルでは
なぜ、失敗しなかった?
そして、人気が続いている?

それは「軸足」があったからです。

 

 


ボクも大好き!
「牛肉ゴロゴロカレーパン」
などを始め

一般ベーカリーとして
数々の人気商品があります。

これが軸足!

 

たとえ、高級食パンが
ブームで終わったとしても
閉店せずに済むんです。

 

 

これが「高級食パン専門店」だったら?

高級食パン専門だから
高級食パンブームが終わると
もう、軸足は残ってない。

つまり、閉店するしかない。。。

 

 

軸足が1つしかないと
その軸足が払われたら
どうしようもないもんね。

ブームに乗るときは
軸足を残しておく!

これが大事ですね。

 

 

本日のお話は

ブームは必ず去る
ブームに乗るべき2つの理由と
ブームに乗るときの1つの注意点

でございました。

あなたの今日一日が
文化として残る
一日でありますように!

 

<本日のお店>

パパベル
https://papaberu.com/

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =

ページの上部へ