顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > <新春エクスマセミナー!第4次産業革命の現在において何をボクたちはするべきなのか?>
2018年01月27日

<新春エクスマセミナー!第4次産業革命の現在において何をボクたちはするべきなのか?>

おはようございます。
今日も東京の新宿のホテルよりパッケージマーケッターの松浦陽司です。
東京はまだ雪の名残で歩道の端々が雪凍結で滑りやすいっす。

さて、昨日の2018年1月26日(金)は新春エクスマセミナーでした!
オープニングはまさかの和太鼓!
そして、ブレードランナーの動画で度肝を抜かれます!
2018年もさすがにぶっ飛ばしてます。

冒頭にエクスマの藤村正宏師匠(スコット)は言いました。
「第4次産業革命が起こる」


ちょっとざっくりとおさらい。

第1次産業革命とは、18世紀ごろに蒸気機関や工場ができたこと。

第2次産業革命とは、20世紀ごろに電気が発明されたこと。
いろいろなものが大量生産できるようになりました。

第3次産業革命は、1970~2010年ごろ。
コンピューターが普及し、デジタル革命が起こり、ネット社会になりました。

第4次産業革命は、2010~今まさにの現代。
人工知能、ロボット、ナノテクノロジー、あらゆるテクノロジーの垣根が曖昧になり、調和していってる時代。

ちなみに、次の革命も予想されています。
第5次産業革命は、2045年。
人工知能が人間を超えるシンギュラリティという時代。
でも、きっと2045年より早くなるよね。

革命なので、全ての産業、社会、人々の関係性も変わっちゃう。
ライフスタイルも影響する。
だけど、気づく人と、気づかない人がいる。
ボクたちはどうやってライフスタイルを変えていくのか?
考えさせられます。


ちなみに去年の流行語大賞「インスタ映え」!
もう既にそんな言葉はもう古いと言われてました。

ブームなんだから、あとは去るだけ。
もう、単なる綺麗な画像だけじゃ誰かの投稿に埋もれちゃう。
もうSNSは誰でもやってるから、何も考えずに同じようなことばから発信してたらダメってこと。

そして、演劇。
8ヶ月間、劇エヴァという研修で学んできたエクスマの仲間が熱演!
盛り上がったなー(笑)


エクスマエヴァンじぇリストコース同期のクレーの演歌最高!


マットとさおりんの演技も泣けるー。

閑話休題

最後はこんなことを語ってくれました。

「ミッションを発信する」
自分がSNSで何を発信するのか、それを決めると世界観が現れる。
世界観をSNSで発信すると、その世界観に共有した人が集まってくる。


藤村正宏さんのミッションは「仕事って楽しいということを伝える」ことだそうです。
だから、エクスマメンバーの仕事を本気で楽しんでいる人たちが藤村さんの周りには集まってるんだな。
なるほど。

ボクのミッションは「パッケージを変え、世界を変える」ということ。
パッケージの力で、世の中の人をハッピーにしたいな。
うん、やっぱりボクはもっとパッケージマーケッターとしての投稿を力入れないとね!

最後の言葉も感動的でした。
「追い風の日も、向かい風の日も、ヨットはその帆の貼り方で前に進める。
自分がもっともっと高い帆を上げると、向かい風も不況も関係ない。
要は考え方次第、どんな世の中でも一緒に前に進もうよ」

あざーっす!
どんな世の中だろうが、言い訳などせずに前に進んでいきます!
7時間のセミナーでしたけど、あっという間でした!
めっちゃ楽しい学びを、楽しい実践に生かしていきます!


最後に。。。
このエクスマセミナーでは2月2日発売の新刊をプレゼントしてくれました!

「3つのF」が価値になる! SNS消費時代のモノの売り方
藤村正宏著
https://goo.gl/MCC2Zs

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

※今日の画像はいろいろな方から借りました。
ありがとうございます。

カテゴリー | エクスマ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + seventeen =

ページの上部へ