顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > セミナー予定・報告 > 【ハプニングは「焦って苦しむ」ものなのか?「受け入れて楽しむ」ものなのか?】
2016年09月5日

【ハプニングは「焦って苦しむ」ものなのか?「受け入れて楽しむ」ものなのか?】

この間の講演であったハプニング!

講演の前にプロジェクターとスライドチェック!
うん、ばっちり映ってる!

そして、本番スタート!
・・・うん、プロジェクターが映らない(笑)

14233647_10205144292885878_1292720019_o

理由はわからないけど、映らない。
「映らないならちょっと待ってもらおうか?」
その思いも虚しく、司会者が「定刻になりましたので」と講演スタート!
ということで定刻にスタートしたのですが、、、映らない(泣)

まあ、でもホテルの人が必死に調整してくれているからすぐに映るだろう!
なんもなしで喋り始めました。
・・・うーん、映らない(笑)

3分、
5分、
10分、
・・・映らない。

ホテルの人は必死で、遂には別会場のプロジェクターを持ってくるようにしたみたいです。
うーん、映らない(笑)

パッケージのセミナーなのに、画像がないなんてイメージつかない(笑)
その間をなんとかシャベリだけでつなぐ私。
なかなかの見せ所ですね。

結局、18分後、ようやくちゃんとプロジェクターが照射できました。
パチパチパチ、おめでとうございます!
それにしても、我ながらよく18分なんもなしで繋いだな♪

「映らないのでできません」
そんなのは誰でも言えますからね。

「映らないけど何とかする」
そんな根性の座った人物になりたいとは思ってました。

・・・が、それが私自身に試されるとは思いませんでした(笑)

でも、それがよかったです。
終わったあとに
「いやー、最初、どうなることかと思いました」とか
「すごいですね。ハプニングも楽しんでるみたいで」とか、
いろいろと声をかけて頂きました。

うん、印象をよくするのに、とっても良かった(笑)
これからも5回に1回くらいこんなことがあってもいいかな?
・・・いや、心臓に悪いのでできるだけないようにお願いします(苦笑)

現状を嘆くのではなく、できることをやろう!
ハプニングは「焦って苦しむ」じゃなくって、「受け入れて楽しむ」ものですねー!

カテゴリー | セミナー予定・報告

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

ページの上部へ