顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【夏の終わりのある日。とある2つのケーキ屋さんで起こった悲劇と感激。「モノ売り」から「コト売り」へ。】
2015年10月21日

【夏の終わりのある日。とある2つのケーキ屋さんで起こった悲劇と感激。「モノ売り」から「コト売り」へ。】

【夏の終わりのある日。とある2つのケーキ屋さんで起こった悲劇と感激。「モノ売り」から「コト売り」へ。】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日は最近まで
第7期「コンテンツ力」を磨き、「発信力」を鍛える『コト売り』超実践塾
に通っておりました。
そこで教えていただいた夏の終わりのある日。
とある2つのケーキ屋さんで起こった出来事を紹介させて頂きます。

東京のとある会社に、とっても大切な方が午後から来社されます。
会社社長は思います。
「そうだ、ケーキを買いに行こう」

そして、自転車で約10分かけてとあるケーキ屋さんへ。
店員さんにこのように声をかけます。
「自転車で10分くらいかけて来ました。
午後からとっても大切なお客さんを迎えるんです。
おすすめはありますか?」

すると店員さんは答えます。
「当店のオススメはモンブランです!
昨日から販売開始したんですよ!」

img_mar_01

社長はそのケーキを買って帰ります。
そして、会社についてからケーキを出してみると。。。
「・・・ありゃ~」

その日はまだ夏の終わりで暑い日だったんです。
しかも、自転車に10分も揺られて。
モンブランはグチャグチャに崩れていました。

「これはいけない!まだ時間はある!」

社長は急いでまた自転車で10分ほどかけて別のケーキ屋さんへ。
全く同じように店員さんに聞きました。
「自転車で10分くらいかけて来ました。
午後からとっても大切なお客さんを迎えるんです。
おすすめはありますか?」

すると店員さんは答えます。
「そうですか。自転車で来られたんですね。
今日は暑いですし、ケーキも崩れやすいです。
でも、カップケーキやプリンだったら大丈夫ですよ!」

adf5d7c39fb427ab133c1a593b45aaef

社長はカップケーキを買って帰ります。
そして、会社に着いてからケーキを出してみると。。。
「・・・うん!ケーキ屋さんで買ったまま!」

無事に大事なお客さんに綺麗なカップケーキを出しました。

社長はその2つのケーキ屋さんの話を大事なお客さんに話します。
そして
「どっちのケーキ屋さんにも全く同じように尋ねたんですが、
先のケーキ屋さんは“自分が売りたいモノ”を奨めてくれました。
後のケーキ屋さんは“私が欲しいコト”を奨めてくれました。
もう一回、行きたいと思うのは、後のケーキ屋さんですね」

パッケージでしっかりガードされているカップケーキ!
・・・ということでパッケージマーケティングのお話(?)を楽しんでいただけましたか?

夏の終わりのある日。とある2つのケーキ屋さんで起こった悲劇と感激。
まさに、「モノ売り」から「コト売り」になるというお話でした。

IMG_8126

この話は、ガイアの松野恵介さんから教えていただいた素敵な話です!
ありがとうございます。
http://www.gaea318.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 6 =

ページの上部へ