顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ネーミングのリニューアルで年商5倍!?・・・いや8倍?!価値をリ・デザイン(再定義)せよ!カルビーの「フルグラ」】
2015年10月27日

【ネーミングのリニューアルで年商5倍!?・・・いや8倍?!価値をリ・デザイン(再定義)せよ!カルビーの「フルグラ」】

【ネーミングのリニューアルで年商5倍!?・・・いや8倍?!価値をリ・デザイン(再定義)せよ!カルビーの「フルグラ」】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

先週、ブランド・マネージャー認定協会のシンポジウムに参加しておりました。
その時に水野 与志朗先生から、聞いた話です。

main

カルビーの「フルグラ」が2012年から急激に売り上げを伸ばしています!
なんと、30億円から240億円と約8倍に!
その秘密は「価値のリ・デザイン(再定義)にありました。

この価値のリ・デザインにはこんな意味があったようです。

510EojAiCcL._SL500_AA300_

●ネーミングの変更
もともと「フルーツグラノーラ」でしたが「フルグラ」になり、親しみを増した。
フレンドリー感を増した訳です。

●競合を避ける
シリアルと言えば「子供のコーンフレーク」ではなく、
「フルグラは大人の朝食」というイメージが定着させた。

●土俵をずらす
「シリアルと牛乳で朝食の主役」をずっと狙っていたシリアル市場。
そうではなく、「脇役でいいの。ヨーグルトと合わせてね」という訴求に変えた。
するとこれが大当たり!

main (1)

このような価値のり・デザイン(再定義)で売上が8倍になったんだとか。
そのきっかけはは、ネーミングの変更!
つまり、パッケージの変更だったのです。

価値のリ・デザインのスタートとして、パッケージってとっても大切ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + 8 =

ページの上部へ