顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【服を着替えるように、パッケージを着替えるリンゴちゃんのお話。「何を」売るかより「誰に」「どこで」の観点が大切です】
2015年11月10日

【服を着替えるように、パッケージを着替えるリンゴちゃんのお話。「何を」売るかより「誰に」「どこで」の観点が大切です】

【服を着替えるように、パッケージを着替えるリンゴちゃんのお話。「何を」売るかより「誰に」「どこで」の観点が大切です】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

仮にの話ですが、あなたがリンゴ農園の社長だったとします。
「スーパーでも、道の駅でも、百貨店でも売りたい」と思いますよね?

でも、考えてみましょう!
「お客さんはそこに何を買いに来るのか?」

例えば、
スーパーには主婦が今夜のデザートを買いに来ます。
道の駅には観光客がお土産を買いに来ます。
百貨店には重役秘書が進物を買いに来ます。

うーん!
来る人も、買う目的も、全く異なりますね!

実際に一般的なパッケージを見てみましょう!

a0108231_10411640

スーパーでは、おお!リンゴのパッケージはなし!裸です!

mitinoeki-hirata-tenpo

道の駅では、パッケージは袋が一般的ですかね。

ダウンロード (1)

百貨店ではもちろん、ケース入りですね。

そうなんです!
場所が変われば、
お客さんが変われば、
パッケージはそれに合わせて変わらないといけないんですよね!
例え、同じリンゴでもです。

結論として、
「スーパーでも、道の駅でも、百貨店でも売れるパッケージ(商品)はない!」
そういうことなんです。

「何を」売るかよりも、
「誰に」売るか?
「どこで」売るか?

こういったことが大切ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =

ページの上部へ