顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【キョーエイのすきとく市でよく売れたイチハラ農園様の「勝浦で採れた新鮮お野菜 朝採りおくら」】
2015年11月21日

【キョーエイのすきとく市でよく売れたイチハラ農園様の「勝浦で採れた新鮮お野菜 朝採りおくら」】

【キョーエイのすきとく市でよく売れたイチハラ農園様の「勝浦で採れた新鮮お野菜 朝採りおくら」】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

パッケージ(商品)が売り場で埋もれてしまう理由の一つに
「見つけられない」というのがあります。

例えば「オクラ」。
だいたい、透明の無地の袋に入ってシールを貼ってます。
まあ、印刷してあっても、白とか緑とかです。
これじゃ、店頭で他のオクラと埋もれてしまう。
・・・いやいや、オクラと埋もれるどころか、風景と一体化してオクラとして見つけられない可能性だってたかい。
「青果物のある風景」としか認識されないかも知れません。

そんな中で、今年の初夏にキョーエイ(徳島のスーパー)の、すきとく市(産直市みたいなもの)でとっても売れたオクラがこちら!

okura-240x240

イチハラ農園様の「勝浦で採れた新鮮お野菜 朝採りおくら」

まず、色が違います!
青果物にはあまり使われない「オレンジ」を採用しました!
これによって店頭でとっても目立ちます!

実はあまり業界で使われない色を使うことはリスクが発生します。
「その商品そのものを理解しにくい」のです。
簡単に言うと「オクラじゃない」と思われてしまうのです。

でも、今回の場合は、袋が透明なので、
・・・まあ、オレンジを使っても、見た目でオクラと分かります。

ちなみに、パッケージマーケティングのポイントは4つ!
1.「朝採り」は最大に強調する!
2.おくらの緑色が映えるようにオレンジ色のパッケージにする!
3.いわいる“青果物”というようなデザインではなく、アーバン(都会的)なデザインにする!
4.新鮮なおくらは角が綺麗に立っているので、そこは見えるようにする。

実際に、パッケージ松浦プロデュースと知らずにキョーエイに行った松浦香織さん(私の妻)が買ってきてました(笑)
「えぇ~、これパケマツプロデュースなの?
すきとく市で鮮やかなオレンジが目立ってたよ!
思わず買っちゃった!」

いやー。
ものの見事にハマってくれて嬉しい(笑)

また来年初夏に販売されます!
お楽しみに!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =

ページの上部へ