顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージの色、形に特徴を持たせることで、とっても印象的な商品になります】
2015年11月23日

【パッケージの色、形に特徴を持たせることで、とっても印象的な商品になります】

【パッケージの色、形に特徴を持たせることで、とっても印象的な商品になります】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

商品のパッケージに特徴を持たせるために、
色、
形にこだわるのはとっても大切です!

でも、色で独自化するのは、とっても難しくなってます。
なぜなら、
理由
1)もう商品パッケージの色は飽和状態!
2)あまり突拍子もない色にすると、中身商品の特徴が伝えられません!

じゃあ、どうしましょう?
それは「形」を変えることです!

例えば、ファンタのペットボトルがなんでボコボコに鉄アレイみたいな格好をしているのでしょうか?
ラ王が八角系のパッケージになっているのか?
これは「商品を形で認識してもらおう」としているのです。

おや?
でもまだ悲鳴が聞こえてきそうですね。
「そんな変形パッケージなんて、型代なんかの初期費用がめっちゃかかるじゃないですか!」

その通りですね。
ペットボトルや成形品で、特殊な形にしようと思ったら、莫大な費用がかかります。

でも、比較的安い費用でできる方法もあります。
それは「シール」です。

641c5bf40bb81bbd12bbc12b2fe42cbf-590x590

9762f902f2bb9b9350fac6778844f831-590x590
例えば、
平尾とうふ店の「鳥取代表 平尾揚げ」!

シールといえば、基本的には四角か丸です。
でも、このシールは平尾社長の
「鳥取を代表する油揚げを作りたい」という思いを形で表現した「鳥取型」です!

この商品、道の駅などで売られているのですが
売れ残りなく、好調に販売されているようです!

パッケージの色で独自化が難しいようでしたら
パッケージの形を変えてみることを考えてみませんか???

店舗名 平尾とうふ店 http://hiraotoufu.com/
住所 〒680-1243 鳥取県鳥取市河原町佐貫1206
電話番号 0858-85-2240
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜・祝日(GW.お盆は営業)
担当者 平尾隆久

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − ten =

ページの上部へ