顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【村のおっさん桑原豆腐店から遂にこの冬、あなたにお届けする新商品登場!「湯豆腐専用」のネーミングとは?!】
2015年11月30日

【村のおっさん桑原豆腐店から遂にこの冬、あなたにお届けする新商品登場!「湯豆腐専用」のネーミングとは?!】

【村のおっさん桑原豆腐店から遂にこの冬、あなたにお届けする新商品登場!「湯豆腐専用」のネーミングとは?!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

遂に、遂に!
村のおっさん桑原豆腐店から遂にこの冬、あなたにお届けする新商品登場!
その名も!!!
ちょっと長いですよ!
お聞きくださいね!

yudoufu

「社長、京都の湯豆腐に喧嘩売って勝てると思うとるんですか!?」
「アホタレ!!やってもみんと勝つも負けるもあるかいっ」
さなごうち村のおっさん豆腐 湯豆腐野郎

・・・って、ながーい(笑)!

こちら、「湯豆腐専用」の豆腐!
鍋などに入れて煮込んではいけません!
あくまで湯豆腐であっさりと!

通常の村のおっさんシリーズと違うところは、
キャラクターである「豆腐野郎」が「湯豆腐野郎」に変身して、お椀のお風呂に使っているところですね(笑)

このイラストのアイディアは、パッケージ松浦の桑原基輔の発案!
そして、イラストを書いたのは、J子さんこと、ミヤウチジュンコさんのイラストです!
ありがとうございます。

さらに!
京都の湯豆腐に思いっきり対抗してます!

その思いがネーミングの
「社長、京都の湯豆腐に喧嘩売って勝てると思うとるんですか!?」
「アホタレ!!やってもみんと勝つも負けるもあるかいっ」
というセリフのやり取り部分に表れてますね!

だいたい、ネーミングに「喧嘩」やら「アホタレ」なんて普通は出てきません!
この辺りが「村のおっさん」たる所以です!

こちらのネーミングは
仁義なき戦い 広島死闘編 での大友勝利(千葉真一さん)のセリフが元になっておりまして、
村のおっさん桑原豆腐店の桑原社長のアイディアです!

・・・あ、この豆腐のパッケージを見て、
「あぁ、キワモノね!」
そう思った方もいらっしゃるかも知れませんね。

いやいや、そうじゃない。
モリノケイコさんのお話を聞いてください。

「この間、ゴジカルでプレゼントして頂いて、食べてみました!!
食の細いはずの1歳の息子はすっかり魅了されて、ペロッと食べちゃいます!
勿論、私も主人も舌鼓を打ちながら、頂いております。
さて、パッケージ、届いた瞬間に「わおっ!」て思ったので、きっと他のお客さまも同じように「わおっ!」ってなりますよ(*´∇`*)」

どうです?
キワモノではないでしょう!

さらにもっと言うと、かなりの権威も持ってます!

☆村のおっさん桑原豆腐店の充填こいまろ王冠パッケージ 桑原基輔撮影

☆村のおっさん 充填こいまろ 日本一の徳島新聞の記事

パッケージを飛び出した王冠シールが目立つの「充填こいまろ」は
「第1回 日本一旨い豆腐を決める品評会 充填部門 第1位 全国豆腐連合会認定」!

151013202137-561ce941ce6f3

高級な青大豆を使用したの「充填こいまろ」は
日本豆腐マイスター協会主催 TOFUPARTY TOFU LOVER’Sで「充てんとうふ部門第1位」獲得!

数々の栄光を手にしている素晴らしい豆腐なのです!

この豆腐にもパッケージにも特徴溢れる商品をぜひ、チャンスがあればご賞味ください!
一応、本日11月30日(月)から、とりあえず本店から販売スタート予定です!

yudoufu

<お問い合わせ先>
有限会社 村のおっさん桑原豆腐店
http://muranoossan.com/
住所 徳島県 名東郡佐那河内村上字宮前64-3
電話番号 088-679-2409
営業時間 08:00 ~ 20:00
担当者 桑原年朗 
携帯 090-7621-6756

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =

ページの上部へ