顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【これからのITとパッケージのあり方】
2016年02月9日

【これからのITとパッケージのあり方】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨夜は日創研徳島経営研究会で
アービンズ 松本英次社長のIT例会でした。
この話は後日、書かせていただきますね。

さて、そのIT例会で言われていたのが
これから「職業消失の時代」を迎えるということ。

ITが進んで自動操縦の車ができたら???
・タクシーや代行がなくなる?
・宅配のなくなる?
・絶対にぶつからないようになるので信号機が要らない?
・免許書センターが不要になる?
・標識すら要らなくなる?

いろいろなことが考えられます。

でも、私は思うんです。
パッケージの本質的な役割は変わらないと!

パッケージの本質的な役割は2つです。
1)安全安心・・・商品を安全安心に輸送して届ける手段
2)販売促進・・・商品が飛ぶように売れて欲しい

ドローンでの宅配が、宅配のメインになったとしても、
中身商品がきっちり「安全安心」に守られていないといけない。

20140710_fb

リアル店舗が極端に減り、ネットでの買い物がメインになったとしても、
リピートして「販売促進」するためには商品をパッケージで覚えてもらわないといけない。
(例えば裸のパスタばっかり画面並んでいたら、なんの差もない)

こんなふうに感じたIT例会でした!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 8 =

ページの上部へ