顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【モノを売るな!体験を売れ!のエクスマ的志向で考えられたであろう「ぐーぴたっ」パッケージ】
2016年02月26日

【モノを売るな!体験を売れ!のエクスマ的志向で考えられたであろう「ぐーぴたっ」パッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

いやー。
ちょっとドキドキしてます。
本日はいよいよ、エクスペリエンス・マーケティングin徳島!
そう、エクスマ大師匠の藤村正宏さんと、
私のコラボセミナーが昼からスタートです!

エクスマは
「モノを売るな!体験を売れ!」という視点のマーケティング!
世の中の真理だと思います。
圧倒的な場にできるよう頑張ります!

さて、そのエクスマ視点でパッケージを考えるとどうなるか?

例えばダイエットしている人は多いですよね。
それで女性は何に悩んでいるでしょう?!

実は「お腹が“ぐぅ~”って鳴るのが困るのよ~」という人が多いんです。
だから、体験を伝えてあげることが大事な訳です。

例えば、これっ!

gupita_cookieblueberry_w

「ぐーぴたっ」

キャラクターである「ぴたっち」が
「おなかのぐーをぴたっ!」と、女性に語りかけます。
これで「あぁ~、“ぐぅ~”から解放されるのね」という体験が伝わります。

ネーミングもストレートに「ぐーぴたっ」ですね!

20140519_596723

さらにこちらの種類では
「テスト前に 会議前に」とパッケージに書かれています。

そう!
女性がお腹が鳴って一番困るのが、
テスト中か会議中の、シーンとした場面!

そこでお腹が“ぐぅ~”って鳴る恐怖を感じないで済むという体験を伝えてくれます!
「ぐーぴたっ」って、とってもエクスマ的なパッケージだと思います。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − sixteen =

ページの上部へ