顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「え?!これって、牛乳パッケージじゃないでしょう?」 パッケージデザインは奇抜と通常とどっちがいいのか?】
2016年06月5日

【「え?!これって、牛乳パッケージじゃないでしょう?」 パッケージデザインは奇抜と通常とどっちがいいのか?】

牛乳パック、・・・って言うと、なんとなくイメージはありますね。
白地に、商品名、牛乳が注がれているコップか、牛のイラスト。。。
うーん。
売り場で紛れませんか?
お客さんに覚えてもらえないことないですか?

あ、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

でも、気持ちはわかります。
なんとなく、そうした方が「牛乳っぽいよな~」という気持ちになりますからね。
社内でも「なんとなくそれでいいんじゃない?」というような会議になるんでしょう。

「それっぽい」
というのは、無難な結論であり、決して間違いではないということは先にお伝えしておきます。
さて、本日ご紹介させていただくのはこちらです!

pro01-ph01
「包む 赤べこ 牛乳パッケージ」

えぇ~!
これって、牛乳なのぉ~?!
そう思われても、無理はない。
だって、そう思えない(笑)

こちらは福島県会津地方の厄除け玩具である「赤べこ」をモチーフにされた牛乳パッケージ。
いっ、いっ、意外性がありますよね!
・・・と、同時に温かみも感じたりしないでしょうか?

この赤べこパッケージの牛乳、もちろん店頭で目立つことは間違いなし!
人の印象に残ることも間違いなし!

でも、牛乳に見えないことも間違いないんですね(笑)
だから、普通の考えでは、採用できないし、
もちろん、店頭で牛乳と思われません!

だから、企業姿勢であるとか、商品開発コンセプトとか、
そういったものがちゃんとしてないと、こんなパッケージにしても「奇をてらう」だけに終わっちゃいます。

「自社が、自分が、どうしたいのか?」
をしっかり考えて、パッケージを考えるといいですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − three =

ページの上部へ